1MORE、自身初のポータブルBluetoothスピーカー『S1001BT』

1MORE_S1001BT_01.jpg


海外で見かけた1MOREのスピーカー「S1001BT」。
これまでイヤホンやヘッドホンをいくつも手がけてきた1MOREですが、Bluetoothスピーカーは何気にこれが初。円盤型の筐体に2ウェイ構成のスピーカーユニットを搭載しており、2台接続でのステレオ再生にも対応したモデルです。

1MORE 便携蓝牙音箱
https://m.1more.com/product/show-781-1.html





1MORE_S1001BT_02.jpg



1MORE_S1001BT_03.jpg



1MORE_S1001BT_04.jpg



1MORE_S1001BT_05.jpg



1MORE_S1001BT_06.jpg



1MORE_S1001BT_07.jpg



1MORE_S1001BT_08.jpg
(via photofans)

通信方式:Bluetooth 4.2、再生周波数帯域:80 - 20,000Hz、出力:30W、バッテリー:2600mAh、連続再生時間:約12時間、インターフェイス:USB Type-C/3.5mm、重量:240g、という仕様。2ウェイ構成のスピーカーユニット(3.5インチ径フルレンジ+27㎜径ツイーター)、全方位に音が広がる360度サウンド設計、IPX4防水性能のファブリックボディ、ストラップ装備、2台接続でのストレオ再生対応、有線接続対応、などが特徴。

非公開のサイズは片手でギリギリ掴める大きさで、円盤型の筐体といいスピーカーユニットの構成といいB&O PLAYの「BeoPlay A1」(AA)を彷彿とさせるモデル。カタログスペックから考えてBeoPlay A1なみのパワーは期待できないかもしれませんが、この手のポータブルBluetoothスピーカーとしては十分良さげな印象。価格設定は拠点の中国だと699人民元(約10,500円)。決して安くはないので日本でも発売されるかは微妙なところです。




1MORE(ワンモア)
売り上げランキング: 1973