FiiO、ANC搭載&aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホン『EH3 NC』

EH3_NC_01.jpg


海外で見かけたFiiOのヘッドホン「EH3 NC」。
これまで有線すら手がけていなかったFiiO初となるBluetoothヘッドホン。ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能やaptX HD/LDACをはじめ現状のコーデック全対応などを特徴としているモデルです。

FiiO--Born for Music
https://www.fiio.com/Home





EH3_NC_02.jpg



EH3_NC_03.jpg



EH3_NC_04.jpg



EH3_NC_05.jpg



EH3_NC_06.jpg
(via zaeke)

通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:SBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDAC/HWA、連続再生時間:約40時間、充電時間:約2時間、インターフェイス:USB Type-C/3.5mm、重量:約310g、という仕様。Qualcomm CSR8675のBluetoothチップ採用、チタン振動板を採用した45mm径ダイナミックドライバー、プロテインレザーのイヤーパッド、ハイブリッド方式(フィードフォワード・フィードバック)のアクティブノイズキャンセリング機能、NFC対応、有線接続対応、などが特徴。

発売日は9月予定、北米での価格は200~250ドルとのこと。前述のとおりFiiOは有線無線問わずこれが初のヘッドホンで実績はありませんが、初めての製品で全部入りと言える内容のBluetoothモデルを出してきたのはなかなかのインパクト。ノイズキャンセリング機能は未知数なのでさておき、Bluetoothは最新の要素を網羅している感じで期待できそうですし、性能も機能も基準を満たすレベルなら大きく注目されるかもしれません。