Philips、低価格で極細フレームレスデザインの23.8インチ液晶モニター『241E1D/11』

241E1D-11_01.jpg


2019年7月に発売されたPhilipsの23.8インチ液晶モニター「241E1D/11」。
12,000円台という低価格で販売スタートしたIPSパネル採用のスタンダードなフルHD液晶モニター。ただ単に安いだけでなく従来よりも細いフレームレスデザイン”Zero Edge”やAdaptive-Sync(FreeSync)対応も特徴としているモデルです。

液晶モニター 241E1D/11 | Philips
https://www.philips.co.jp/c-p/241E1D_11/lcd-monitor/





241E1D-11_02.jpg



241E1D-11_03.jpg



241E1D-11_04.jpg



241E1D-11_05.jpg



241E1D-11_06.jpg


画面サイズ:23.8インチ、パネル:IPS、解像度:1920x1080、応答速度:4ms(GTG)、コントラスト比:1000:1、輝度:250 cd/m2、視野角:178/178、入力端子:D-Sub/HDMI/DisplayPort、主な仕様は以上。広視野角のIPSパネル採用、従来よりも細い3辺フレームレスデザイン、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync(FreeSync)対応、ゲームジャンルやコンテンツに適したプリセットが選択できるSmartImage game、フリッカーフリー技術・ローブルーモード、などが特徴。

同シリーズのラインナップは他に27インチモデルの「271E1D/11」(AA)があり、そちらの価格は現在16,000円台で販売中。日本の製品情報は最低限の事しか載っていませんが、海外ではこのフレームレスデザインを”Zero Edge”と称しており、ベゼル幅は3.5mmに抑えているとのこと。23.8インチと27インチどちらも相場より安い価格設定なのに、他ではまだ見られない上記の特徴を備えているのはなかなか魅力的。エントリークラスのニュータイプと言えるかもしれません。
<関連記事>【モニター】Philips 『241E1D/11 - 271E1D/11』 レビューチェック




Philips(フィリップス)
売り上げランキング: 126