Rapoo、ファブリックカバー・静音スイッチ採用のワイヤレスマウス『M200 Plus Silent』

M200_Plus_Silent_01.jpg


海外で見かけたRapooのマウス「M200 Plus Silent」。
日本正規品が出回っている「3500 Pro」の後継機となるであろうワイヤレスマウス。今作もファブリック製のトップカバーを採用しており、2.4GHz/Bluetooth両対応の通信方式や静音スイッチ採用なども特徴としているモデルです。

Rapoo M200PLUS
http://www.rapoo.cn/product/497





M200_Plus_Silent_02.jpg



M200_Plus_Silent_03.jpg



M200_Plus_Silent_04.jpg



M200_Plus_Silent_05.jpg



M200_Plus_Silent_06.jpg



M200_Plus_Silent_07.jpg
(via wstx)

通信方式:2.4GHz/Bluetooth 4.0、センサー:光学式、解像度:1300DPI、ボタン数:3、バッテリー:単三電池1本、電池寿命:約9ヶ月、サイズ:幅64x奥行き113x高さ30mm、重量:60g(電池除く)、という仕様。2.4GHz/Bluetooth両対応の通信方式&最大3台登録可能、様々な床面に対応する高精度センサー、クリック音が静かな静音スイッチ採用、ファブリック製のトップカバー採用、計3カラーラインナップ、などが特徴。

先代の3500 Proとサイズは変わっておらずデザインもほとんど変わっておらず、比較して劣っている点は電池寿命(1年→9ヶ月)のみ。あとは通信方式が増えていたりセンサーが向上していたりと進化している点が多くあり。モバイル向けのタイプなので静音スイッチの採用もメリットあり。また、ファブリック製のトップカバーは取り外しできない構造にして耐久性を上げたとのこと。前述のとおり先代は日本でも出回っていますから、こちらも取り扱う可能性は高いのではないかと。




ユニーク
売り上げランキング: 579