【マウス】ASUS 『ROG Strix Carry』 画像など

ROG_Strix_Carry_08.jpg


2019年7月に発売されたASUSのマウス「ROG Strix Carry」。
モバイル向けで2.4GHz/Bluetooth両方の通信方式に対応したワイヤレスゲーミングマウス。「ROG Gladius II Wireless」と同じくマイクロスイッチ交換のギミックも特徴の一つとしているモデルですが、ちょっと見てみます。

ROG Strix Carry | キーボード/マウス | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Keyboards-Mice/ROG-Strix-Carry/





ROG_Strix_Carry_09.jpg



ROG_Strix_Carry_10.jpg



ROG_Strix_Carry_11.jpg



ROG_Strix_Carry_12.jpg



ROG_Strix_Carry_13.jpg



ROG_Strix_Carry_14.jpg



ROG_Strix_Carry_15.jpg



ROG_Strix_Carry_16.jpg



ROG_Strix_Carry_17.jpg
(via gamek/quasarzone)

通信方式:2.4GHz/Bluetooth 5.0、センサー:光学式、解像度:50-7200DPI、トラッキング速度:150IPS、最大加速度:30G、バッテリー:単三電池2本、電池寿命:約300時間(2.4GHz)/約433時間(Bluetooth)、サイズ:幅62x奥行き101x高さ36㎜、重量:72.9g(電池除く)、という仕様。Pixart PMW3330のセンサー採用、PMW3330、高速かつ安定した接続を実現するSMARTHOPテクノロジ―、マイクロスイッチを交換できるプッシュフィットスイッチソケットデザイン、統合ソフトウェア・Armoury II、オムロン/日本製マイクロスイッチ・トラベルポーチ・単三電池2本付属、などが特徴。

センサーはミドルレンジ級のゲーミンググレード、マイクロスイッチは各社の上位モデルでも使われているもの、そのスイッチを交換できるギミックも備えていて基本スペックは実用十分。ただ、実重量はレポートによれば付属の電池だと約119g(電池1本での使用は不可)とのことで、モバイル向けの小型サイズなのに普通のワイヤレスゲーミングマウスより重いというのはちょっと引っかかるところ。モバイル向けでもパフォーマンスが高いモデルと捉えるか、代償が大きくてどっちつかずのモデルと捉えるか、見方は人によるでしょうか。「ROG Strix Carry」は現在8,000円台の価格で販売されています。




ASUSTek
売り上げランキング: