【スマートフォン】UMIDIGI 『UMIDIGI Power』 レビューチェック

UMIDIGI_Power_01.jpg


2019年6月に発売されたUMIDIGIのスマートフォン「UMIDIGI Power」。
中華スマホの類でありながら技適取得やグローバルバンドなど日本向けの仕様になっている6.3インチ/Android 9.0スマートフォンで、”Power”の名のとおり大容量バッテリー搭載が主な特徴のモデル。ちょっとチェックしてみます。

UMIDIGI Power
https://www.umidigi.com/page-umidigi_power_overview.html



画像


UMIDIGI_Power_02.jpg



UMIDIGI_Power_03.jpg



UMIDIGI_Power_04.jpg



UMIDIGI_Power_05.jpg



UMIDIGI_Power_06.jpg



UMIDIGI_Power_07.jpg



UMIDIGI_Power_08.jpg



UMIDIGI_Power_09.jpg



UMIDIGI_Power_10.jpg




各所の反応


[#1]
アマでpower15777円で6/8に入荷予定だってよ
思ったより安くていいね

技適認証済み 指紋認証 顔認証 au不可 (ブラック)
価格: ¥ 15,777 & 配送料無料



[#2]
A5proってwi-fiはac付いてないんだな
powerの方はac付いてるからこっちにするか



[#3]
a5pro買うんだったらheliop35、5150mAh、type-cのpowerの方がいい感じ。
a5proの日尼での値段にもよるが。



[#4]
ゲームしないひとにとってはF1よりpowerがおすすめ。



[#5]
省電力低発熱のP35というのを真に受けてpowerポチったで
車載ナビ専用機の予定や



[#6]
power届いたわ
まだ、なんとも言えんがとりあえず良い感じ
antutuは84000台、指紋認証もすんなり
大きさ的には自分には最適かな
A5も興味あるんだがカメラとか興味ないしこれでよし



[#7]
power届いた
いきなりシステムのアプデ来ていた



[#8]
通知領域はどうなん?
バッテリー残量%とか表示あるの?



[#9]
>>#8
スクショ
VoLTEの横の点は、Wi-Fiとマナモードのアイコンが省略されている
UMIDIGI_Power_11.jpg



[#10]
antutu
UMIDIGI_Power_12.jpg UMIDIGI_Power_13.jpg



[#11]
通知欄の表示パワーの方がええなぁ
f1は小さすぎる



[#12]
Powerフル充電でようつべのHD動画流し
7時間でバッテリー残量49%
12時間以上は持つかな?



[#13]
powerの引き継ぎ大体終わった
カメラは暗い室内はダメだね
あとはもうちょい使ってみよう



[#14]
パワーいいなぁと思って買おうかと思ったけどSDとSIMが排他利用なのな。



[#15]
PowerとA5Proとの大きな違いは
やっぱりwi-fiにacが付いてることだと思うわ



[#16]
powerマジでバッテリー持つな
普段使いならpower一択だわ



[#17]
Powerはテザリングできますか?



[#18]
>>#17
2.4GHzはダメってレポあり。



[#19]
power届いて10日程になるがとりあえず不具合もなく順調



[#20]
Powerで残念だったのはとにかく音が籠もる
Z2もほぼモノラルだが、Powerと比べると雲泥の差でクリアに聴こえる
そのくらいPowerの音質は劣る



[#21]
power買った
バッテリーは結構持つけど発熱は普通にする
MTKのSoCはCPU温度とか見れない?からよく分からんけど
バッテリーは45度になってたわ
他は特に不満無い



[#22]
power今日届いた、今の所不具合は無いな
ハズれは引かなかったようで一安心



[#23]
power全然バッテリー減らん
下手すりゃ3日持つ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画面サイズ:6.3インチ、パネル:LTPS、解像度:2340x1080、OS:Android 9.0、CPU:MT6765(Helio P35)、GPU:IMG GE8320、メモリ:4GB、ストレージ:64GB、通信機能:4G LTE・Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 4.2、カメラ:1600万画素+500万画素(メイン)/1600万画素(フロント)、インターフェイス:nanoSIM x2(microSD x1)/USB Type-C/イヤホンジャック、バッテリー:5150mAh、サイズ:157x74.5x8.8mm、重量:190g、という仕様。水滴型ノッチのフルスクリーンディスプレイ、33のバンドをサポートするグローバルLTEバンド、DSDV対応、NFC対応、指紋認証・顔認証搭載、保護フィルム・TPU保護ケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。antutuのベンチマークは80,000台半ば、バッテリーの持ちは動画垂れ流し7時間で残量50%前後の結果で普段使いなら数日は持ちそう、これといった不具合もなく基本部分に不満は無し、カメラの性能は暗所に弱くてイマイチ、スピーカーの音は篭り気味、大容量バッテリーはもちろんとして5GHz Wi-Fi対応やUSB Type-C搭載といった点も長所、同社の「UMIDIGI A5 Pro」(AA)より若干高いが内容的にはこちらの方が魅力的、といった内容。

この「UMIDIGI Power」は現在15,000円台の価格で販売中。同社のスマートフォンは上記のA5 Proをはじめこれより安いモデルがいくつかありますが、それらよりかはあらゆる面で上回っている印象。逆に高いモデルとは相応の差があるけれども、用途次第ではこちらでも十分こなせそう。見方によっては現ラインナップで価格と性能のバランスが一番取れている存在でもあり、一番中途半端に思える存在でもあり。割り切った使い方をするなら”Power”の由来となっている部分が活きるでしょうね。




UMIDIGI
売り上げランキング: 1