KZ、ハイブリッドドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン『KZ T1 TWS』

KZ_T1_TWS_01.jpg


海外で見かけたKZのイヤホン「KZ T1 TWS」。
安い中華イヤホンのカテゴリーでは代表格となっているKZが初めて手がけた完全ワイヤレスイヤホン。同社の有線イヤホンみたいなシェルデザインも特徴的ですが、ハイブリッドドライバー搭載も大きなポイントとなりそうなモデルです。

KZ T1 TWS ワイヤレスタッチコントロール Bluetooth 5.0イヤホン - Aliexpress.com
https://ja.aliexpress.com/item/4000028142904.html





KZ_T1_TWS_02.jpg



KZ_T1_TWS_03.jpg



KZ_T1_TWS_04.jpg



KZ_T1_TWS_05.jpg



KZ_T1_TWS_06.jpg



KZ_T1_TWS_07.jpg
(via Youtube)

通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約3時間、充電時間:約1.5時間、重量:10g、という仕様。バランスドアーマチュア+ダイナミック型のハイブリッドドライバー搭載、IEMタイプのシェルデザイン、タップで操作できるタッチコントロールボタン、金属ボディ&マグネット開閉/着脱式で7~8時間分の充電が可能なバッテリーケース、ケースから取り出すと同時に接続を行うオートペアリング機能、などが特徴。Aliexpressにあるオフィシャルストアでの価格は現在4,600円台。

真っ先に欠点を挙げると3時間再生は最近の完全ワイヤレスイヤホンとは思えないほど短いので、人によっては唯一にして最大のネックとなりそう。逆に長所となりそうなのはハイブリッドドライバーとシェルデザイン。ハイブリッドドライバーはKONG-Xの「HMC-K980TWS」(AA)という前例があるけれども、まだ希少種なので注目すべき特徴。IEMタイプのシェルデザインも耳におさまるサイズなら魅力的な要素となるはず。はたして再生時間の短さをカバーできるくらい音が良いのか、大いに気になるところです。




KZ
売り上げランキング: