Acer、エントリークラスでIPS/144Hz/FreeSyncの23.8インチゲーミングモニター『VG240Y P』

VG240Y_P_01.jpg


海外で見かけたAcerの23.8インチ液晶モニター「VG240Y P」。
このサイズのエントリークラスでIPSパネル・144Hz・FreeSyncのゲーミングモニターはPhilipsの「242M8」が初出かと思いきや、Acerも同時期にリリースしていた模様。「VG271Pbmiipx」の23.8インチ版と言えそうなモデルです。

VG240Y P - Tech Specs | Monitors | Acer Malaysia
https://www.acer.com/ac/en/MY/content/model/UM.QV0SM.P01





VG240Y_P_02.jpg



VG240Y_P_03.jpg



VG240Y_P_04.jpg



VG240Y_P_05.jpg



VG240Y_P_06.jpg



VG240Y_P_07.jpg



VG240Y_P_08.jpg



VG240Y_P_09.jpg



VG240Y_P_10.jpg


画面サイズ:23.8インチ、パネル:IPS、解像度:1920x1080、応答速度:1ms(VRB)、コントラスト比:1000:1、輝度:250 cd/m2、視野角:178/178、入力端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。ゼロフレームデザイン(フレームレス)採用のIPSパネル、リフレッシュレート144Hz駆動、AMDのディスプレイ同期技術・FreeSync対応、高速応答を実現する1ms VRB機能、DisplayHDR認証、フリッカーレステクノロジー・ブルーライトシールド搭載、VESAマウント対応、などが特徴。

筐体はAcerのエントリークラスらしい作りで特にスタンドはやや頼りなく見えますが、PC用のゲーミングモニターとしては内容的に基準を満たしている印象。そしてエントリークラスゆえに重要となる価格は中国だと1,399人民元(約22,000円)、これは上記のPhilipsと同額だったりする。ではAcerとPhilipsのどちらが日本でも発売される可能性が高いかといえば、これまでの製品展開から考えて明らかにAcer。おそらくそう遠くないうちに取り扱いが開始されるのではないかと読んでいます。




日本エイサー
売り上げランキング: 85