【PCケース】Antec 『VSK10 Window』 画像など

VSK10_Window_01.jpg


2019年7月に発売されるAntecのPCケース「VSK10 Window」。
Value Solution SeriesのMicro ATX対応PCケースで、高い拡張性やアクリルサイドパネルなどを特徴としたミニタワーモデル。発売開始時から5,000円台という低価格も魅力となりそうですが、ちょっと見てみます。

VSK10 Window | 株式会社リンクスインターナショナル
https://www.links.co.jp/item/vsk10-window/





VSK10_Window_03.jpg



VSK10_Window_04.jpg



VSK10_Window_05.jpg



VSK10_Window_06.jpg



VSK10_Window_07.jpg



VSK10_Window_08.jpg



VSK10_Window_09.jpg



VSK10_Window_10.jpg



VSK10_Window_11.jpg



VSK10_Window_12.jpg



VSK10_Window_13.jpg



VSK10_Window_14.jpg



VSK10_Window_15.jpg
(via 163.com)

対応フォームファクタ:MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:4、ドライブベイ:3.5/2.5インチx2・2.5インチx2、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out、標準搭載ファン:120mm x1、サイズ:幅208x奥行き405x高さ400mm、重量:約3.73kg、水冷ラジエータ最大280mm対応、ビデオカード最大350mm対応、CPUクーラー全高160mm対応、ファン最大6基搭載可能、という仕様。フロント4ヶ所から空気が取り込めるエアフローパス構造、アクリルサイドパネル、ツールフリーのHDDトレイ、マグネットフィルター搭載(トップ)、などが特徴。

価格が価格なので相応に安っぽい部分もありそうですが、高い拡張性を謳っているだけあって内部は余裕のある作りになっていますし、無難なデザインでありながらトレンドはちゃんと押さえている内容ですし、そこそこのPCパーツで組むのであれば十分そうな印象。・・・・でもそういえば同社のMicro ATX対応PCケースは先月発売されたゲーミングモデル「DP301M」(AA)が同価格帯にいるので、それに比べると地味とも言えるこちらはさらに安くならなければ当て馬的な存在になりかねないでしょうか。




ANTEC
売り上げランキング: