SteelSeries、新ゲーミングメカニカルキーボードのスタンダードモデル『Apex 7 TKL』

Apex_7_TKL_01.jpg


海外で見かけたSteelSeriesのキーボード「Apex 7 TKL」。
同社のゲーミングキーボードといえば結構前からApexシリーズの一本化で展開していますが、これは新ラインナップのスタンダードモデルとなるゲーミングメカニカルキーボードで、TKLの名称どおりテンキーレスのモデルです。

Apex 7 TKL | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-7-tkl





Apex_7_TKL_02.jpg



Apex_7_TKL_03.jpg



Apex_7_TKL_04.jpg



Apex_7_TKL_05.jpg



Apex_7_TKL_06.jpg



Apex_7_TKL_07.jpg
(via facebook)

オリジナルのメカニカルキースイッチ採用(SteelSeries QX2 Mechanical RGB Switch)、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、航空機グレードのアルミニウム合金フレーム、様々な表示ができる有機ELスマートディスプレイ、メタルローラー+メディアキーの専用マルチメディアコントロール、USBパススルーポート搭載、マクロ・プロファイルの保存ができるオンボードメモリ内蔵、3方向のケーブルマネジメント構造、ソフトタッチ仕上げ&マグネット内蔵のパームレスト、主な仕様・特徴は以上。公式サイトでの価格は139.99ドル。

キースイッチに関してはカバーにSteelSeriesのロゴが入った標準的なタイプ。新ラインナップにはOmniPointなる独自のメカニカルキースイッチを採用したPROモデルもあり、違いはキースイッチだけの模様。そのOmniPointはレスポンス8倍高速&耐久性2倍を謳っているので使用感に結構な差があるのかもしれませんが、レスポンスやアクチュエーションポイントにこだわりがないなら別にこちらでも十分な印象。また、スタンダードモデルのこちらは日本語配列の仕様で夏発売予定と公式SNSにて告知していましたから、正式な発表がそろそろあるのではないかと。




SteelSeries
売り上げランキング: 34