Corsair、トップカバーもラバーグリップのゲーミングマウス『NIGHTSWORD RGB』

NIGHTSWORD_RGB_01.jpg


2019年6月に発売されたCorsairのマウス「NIGHTSWORD RGB」。
M55 RGB PRO」と共に登場した新型のゲーミングマウスで、トップグレードのセンサー&スイッチ採用や2種/6個の錘で重量調整できるウエイトシステム、さらにトップカバーがラバーグリップになっているボディも特徴としているモデルです。

NIGHTSWORD RGB 調整可能なFPS/MOBA ゲーミングマウス (AP)
https://www.corsair.com/p/CH-9306011-AP





NIGHTSWORD_RGB_02.jpg



NIGHTSWORD_RGB_03.jpg



NIGHTSWORD_RGB_04.jpg



NIGHTSWORD_RGB_05b.jpg
(via facebook)

独自チューニングの光学式センサー採用(Pixart PMW3391)、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、プログラム可能な10ボタン搭載、2.8g/4.5g(各3個)の錘を6か所に取り付けて調整できるウエイトシステム、トップカバー・両サイドの3か所にラバーグリップ搭載、4ゾーンにRGB LED搭載、統合ソフトウェア・iCUE対応、などが特徴。サイズは幅86x奥行き129x高さ43.8mm、重量は119~141g。価格は現在12,000円台で販売中。

今ゲーミングマウスの界隈は軽量ブーム真っただ中。そんな状況にあえて重量級のモデルを出してきたのはCorsairらしいとも言えますが、その重量級を好む層はロジクールのG502系がいまだ厚い支持を得ているところから察するに一定数いるでしょうし、需要は想像以上にあるのかもしれない。そのあたりはさておき、トップカバーもラバーグリップになっているものは個人的にこれが初見。なので使用感の反響がちょっと気になるところです。




Corsair
売り上げランキング: 103