【レシーバー】FiiO 『μBTR』 レビューチェック

FiiO_uBTR_09.jpg


2019年4月に発売されたFiiOのレシーバー「μBTR」。
BTR1K」と共に登場したシンプルかつ小型なBluetoothレシーバーで、エントリークラスでありながらaptX/AACコーデックやNFC対応を特徴としているモデル。カラーはブラック・ホワイトの2色あり。ちょっとチェックしてみます。

µBTR – Fiio Japan
https://www.fiio.jp/products/ubtr/



画像


FiiO_uBTR_10.jpg



FiiO_uBTR_11.jpg



FiiO_uBTR_12.jpg



FiiO_uBTR_13.jpg



FiiO_uBTR_14.jpg



FiiO_uBTR_15.jpg



FiiO_uBTR_16.jpg



FiiO_uBTR_17.jpg



FiiO_uBTR_18.jpg



FiiO_uBTR_19.jpg
(via zol.com)



各所の反応


[#1]
ポータブルBluetoothヘッドホンアンプ「BTR1K」
Bluetoothレシーバー「μBTR」発売のご案内
https://www.fiio.jp/news/btr1k-and-ubtr/



[#2]
iphone使いなら、μBTRでいいかも



[#3]
価格だけならμBTRに期待だな



[#4]
自分は使わないけど、俺もμBTRを進めることにする
値段的にも不満でるやついないしな



[#5]
FiiO uBTRっての安いからアウトドア用に買った
低音が弱く迫力が無い感じだけど中高音が綺麗に聴こえる
AVオタクじゃなくて通勤通学用途だったら十分だわ
かなり小さくて軽いから着け心地も良い



[#6]
μBTRは低音でなくしたBTR3みたいな感じ
貶してるんじゃ無くて褒めてる
低音を抑えたって言えば良いか
FiiO_uBTR_20.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.1、コーデック:aptX/AAC/SBC、バッテリー:内蔵(120mAh)、連続再生時間:9時間、充電時間:約1時間、インターフェイス:イヤホンジャック/USB Type-C、サイズ:55x19x9.1mm、重量:13g、という仕様。Qualcomm CSR8645のチップ搭載、TPA6132A2のヘッドホンアンプ搭載、NFC・マルチペアリング対応、ハンズフリー通話対応、レシーバー側のみでの音量調整可能、端末との接続を速やかに行うワンクリック接続機能、LEDインジケータ搭載、クリップ装備、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音が控えめで中高音が綺麗に聴こえる、低音に関しては同社の「BTR3」(AA)と比較すると出ていないが決してそれが悪いわけではない、小型かつ軽量でクリップ装着も良い、特にこだわらない通勤通学の用途であれば十分実用的で手が出しやすい価格も魅力、といった内容。

エントリークラスなので性能・機能の面では上位モデルのいずれにも敵わない印象ですが、手持ちのイヤホンを手軽にワイヤレス化したい場合はベストまではいかなくともベターな候補にはなりそう。この界隈で話題に上がる他のBluetoothレシーバーは一回りも二回りも高いものばかりですし、予算が限られているなら良い意味で妥協の一手になるのではないかと。「μBTR」は現在3,900円台の価格で販売されています。




FiiO
売り上げランキング: 39