NZXT、フロントもガラスパネルになったフラットデザインのPCケース『H510 Elite』

H510_ELITE_01.jpg


海外で見かけたNZXTのPCケース「H510 Elite」。
H500」などが人気を得ていたH-SeriesのPCケースはすべてのモデルがリニューアルされましたが、これはそれに合わせて登場した新型モデル。フラットデザインはそのままにフロントも強化ガラスパネルを採用しています。

H510 Elite | NZXT
https://www.nzxt.com/products/h510-elite-matte-white





H510_ELITE_02.jpg



H510_ELITE_03.jpg



H510_ELITE_04.jpg



H510_ELITE_05.jpg



H510_ELITE_06.jpg



H510_ELITE_07.jpg



H510_ELITE_08.jpg
(via quasarzone)

フロント・左サイドの2面にスモークタイプの強化ガラスパネル採用、オールスチール製の筐体、自社のRGB LEDファンx2基標準搭載(Aer RGB 2)、LED/ファンコントローラー(NZXT Smart Device 2)・RGB LEDストリップ標準搭載、I/OにUSB Type-C搭載、主な特徴は以上。対応フォームファクタはATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロットは7、ドライブベイは3.5インチx2+1・2.5インチx2+1、サイズは幅210x奥行き428x高さ460mm、重量は7.48kg。カラーはホワイト・ブラックの2色。

イベントで展示されていた実機を見るにフロントもガラスパネルになった事とそのガラスパネルがスモークタイプになった事もあってか、ホワイトモデルの方はブラックの主張が強いカラーリングで好みが分かれそうな感があり。対してブラックモデルの方はカラーの統一感がより映える外観で好印象。そのあたりはさておきH500系のフラットデザインでフロントのファンが見えるようになったのと、RGB LEDファンの標準搭載はEliteを名乗るに相応しい魅力的な要素だと思います。