【イヤホン】ZERO AUDIO 『ZIRCO NERO』 レビューチェック

ZIRCO_NERO_01.jpg


2019年1月に発売されたZERO AUDIOのイヤホン「ZIRCO NERO」。
ZIRCO PEZZO」の上位となるダイナミック型イヤホンで、ジルコニアハウジング採用の他にMIL規格準拠のMMCXコネクタ・M-DOCKシステムやファインチューンド・ドライバー搭載などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

ZIRCO NERO – ZERO AUDIO | ZEROからはじまる感動
https://www.zeroaudio.jp/product/headphones/m-dx230-zn



画像


ZIRCO_NERO_02.jpg



ZIRCO_NERO_03.jpg



ZIRCO_NERO_04.jpg



ZIRCO_NERO_05.jpg




各所の反応


[#1]
ZERO AUDIO、ジルコニア筐体のハイレゾイヤフォン「ZIRCO」。M-DOCKで着脱
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1092133.html



[#2]
PEZZOは高音キンキン、NEROは低音ブリブリと言われてるな



[#3]
nero聴いてきたよ
neroは硬質な高音と重低音までしっかり出る低音は良いんだけど
中音が引っ込んでてしかも艶が無い、悪い意味でのドンシャリだった
これで普通にリケーブル出来るなら
ケーブル・イヤピで上手いこと追い込めるような気もしたけどM-dockだし
ちょっと勿体ないと思った



[#4]
このメーカーでJ-POPに向いてるのって
やっぱりDUOZAかテノーレになるの?
でもテノーレはもう古いよね…



[#5]
>>#4
ボーカルを楽しみたいならdoppio、でも廃盤になってる
現行商品だと上記条件でオススメ出来る商品は無いので他社へGO

音楽全体を楽しみたいならzirco neroがオススメ
M-dockの仕様が微妙なせいでサッパリ話題にならないけど
E4000やRP-HDE10に比肩すると個人的には感じた



[#6]
zirco NEROは濃いめ・低音寄りにも関わらず
中音~高音にかけての分離・解像度も相応に高くて音自体はかなり良いので
普通のMMCXにするか、M-dock無くした普通の有線ver.を1万前後で出せばかつる



[#7]
高い方のZIRCO NEROはいかにもゼロオーディオと言った低音が強めの音



[#8]
上位機種のNEROは低音盛りすぎで篭ってて良さが全く分からなかった



[#9]
nero聞いて、そっと置いた。
pezzoと逆の値付けなんじゃないかと思う。形と名前は大好き。



[#10]
新作ZIRCOシリーズ試聴
ジルコニアハウジングの効果かクリアー感も有って結構良い
個人的には低音も出てるしリケーブルも出来るNEROが好みだった



[#11]
ZIRCO NEROを買った。
触りは極平凡な出来な感じしたけど
MP3とFLACの聞き比べで違い分かったから購入。
リケーブルの利点を台無しにしかねない長さのケーブルに感じた。

低音大人しめの曲なら何でも熟せそうな優等生。
筐体が軽くて付け心地はとても良い。
ケーブルは耐久性に難がありそうな気配プンプン。
変な長さの所にコネクタがあるから絡まりやすそう。
音漏れ結構する。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:ダイナミック型、再生周波数帯域:4 - 40,000Hz、出力音圧レベル:101dB/1mW、インピーダンス:16Ω、最大入力:150mW、ケーブル長:1.2m、重量:8.5g(ケーブル除く)、という仕様。共振周波数が高いジルコニアハウジング&削り出しアルミニウムボディ、ジルコニアハウジングに最適なチューニングが施されたファインチューンド・ドライバー、MIL規格準拠のMMCXコネクタ・M-DOCKシステム、左右独立の新開発OFCパラレルコード、新型ストレートプラグ、イヤーピース3セット・キャリングバッグ・ヘッドホンクリッププラス付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。PEZZOに比べるとZERO AUDIOらしい低音強めのドンシャリ傾向、曲によっては篭って聴こえるので音の印象は人によって結構違いそう、特徴の一つとしているM-DOCKシステムはMMCXコネクタの恩恵を台無しにしている感があるので逆に短所となるかも、コネクタがケーブル間にあるので絡まりやすそうなのも微妙、筐体は軽量かつ軽快な装着感、音漏れは結構する、といった内容。

音自体はfinalの「E4000」(AA)やパナソニックの「RP-HDE10」(AA)に匹敵するとも評されていたので、国内メーカー産の同価格帯では上の方で張り合えそうな印象。ただ、M-DOCKシステムは言われているとおりリケーブルによる可能性を自らなくしているようなものですから、傍から見ればメリットよりデメリットの方が大きい。もったいないと思われても仕方ないイヤホンでしょうか・・・・。「ZIRCO NERO」は現在13,000円台の価格で販売されています。




ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
売り上げランキング: 19976