エルゴヒューマンのチェア『Ergohuman Fit』を1ヵ月使ってみて

Ergohuman_Fit_47.jpg


2015年8月に発売されたエルゴヒューマンのチェア「Ergohuman Fit」。
同社の現ラインナップではミドルレンジのクラスであり、日本人の体型にフィットするミドルサイズも特徴としている高機能チェア。使いはじめてから1ヵ月ほど経ったので、今回は使用感など今現在の感想を述べていきます。

エルゴヒューマンのチェア『Ergohuman Fit』を買ってみた
https://watchmono.com/blog-entry-9625.html



各部の感想


Ergohuman_Fit_48.jpg


★デザイン性は同社製品の中でもトップレベルのスタイリッシュさがあり・・・・Ergohumanシリーズの現ラインナップはPro/Basic・Enjoy・Fit/Smart・Genidiaの4タイプあり。その中でデザイン性はおそらく一番いいのではないかと個人的に思う。上から下まで引き締まったシャープな外観で、ホワイトのモデルは統一感のあるカラーリング。同価格帯の他社製品と比べてもスタイリッシュさは上をいくでしょう。


Ergohuman_Fit_49.jpg


★ヘッドレスト調整の自由度は高くないのでベストポジションは取れないかもしれない・・・・ヘッドレストの調整は回転式になっており、固定できる位置は3段階に限られている。なので低くする場合はどうしても前に位置する形となり、後ろに下げると高い位置になり、調整の自由度は正直高くない。アーム先端で上下の調整もできるようになっていますが、一番下げた状態でもまだ下げたいと思うくらいですから、ここをいじる事はほとんどないかと。上下に動く”遊び”も良いアジャストと思うか余計なグラつきと思うか、どう捉えるかは人によるでしょうか。


Ergohuman_Fit_50.jpg


★背もたれ、縦は幅広く対応しそうだが横は体型を選びそうなサイズ感・・・・バックシートの面積は結構広くても背もたれはちょっと高い位置にあるのと逆三角形の形状になっているせいか、面積の割にタイトな使用感。縦=身長は意外と幅広く対応できそうですが、横=体型は選ぶでしょうか。高身長でも細身ならいける、肥満体型なら身長問わず窮屈に感じるかも、そんな印象です。


Ergohuman_Fit_51.jpg


★ランバーサポートはバックシートと干渉しているが使用感は良好・・・・下左右に動く構造となっているランバーサポートはバックシートとの隙間がないに等しいので、左右に動く際の干渉=擦れる感覚は少々気になるかもしれない。ただ、腰まわりにしっかりフィットするので使用感は至って良好です。


Ergohuman_Fit_52.jpg


★フレームは樹脂特有の”しなり”を感じる、構造的なグラつきは少々気になる・・・・座面の下あたりから樹脂製になっているフレームは十分な剛性ですけど、アルミのような金属と違って特有の”しなり”をなんとなく感じる。それを柔らかい感触で体にやさしいと良く捉えるか、剛性的に頼りないと悪く捉えるかは人によると思う。あと、このチェアは背もたれの高さをフレームで調整する構造になっているせいか、上下のパーツが組み合っている部分でわずかなグラツつきが発生する、そこは少々気になります。


Ergohuman_Fit_53.jpg


★アームレストは上下左右前後に動いて肘置きも好感触なので申し分なし・・・・アームレスト自体は広範囲に上下の位置を調整できて、肘置きは左右前後に動いて水平回転の角度調整も幅広い、そして肘置きに腕を置いた感触はとても好感触、この部分に関しては上出来で申し分ないです。


Ergohuman_Fit_54.jpg


★座面は左右にクッション材を設けてないせいか、メッシュの弾力性がやや物足りない・・・・比較抜きで客観的に評価するなら座面の座り心地は良い方です。メッシュなので通気性の良さは言うまでもなし。ただ、以前使っていたProモデルに比べると左右にクッション材を設けてないせいか、メッシュの張りが劣っている感じですし弾力性がやや物足りないでしょうか。


Ergohuman_Fit_55.jpg


★ベースはホワイトだとホコリが目立ちやすい、でもそれがいい場合もある・・・・全体的に複雑な構造なのでどこもホコリは溜まりやすいのですが、座面下のベースはそれが顕著。数日前に掃除したはずなのにもう付着している、カラーがホワイトだとそれが目立ってわかりやすい。でも目立つのは掃除しようと思わせるキッカケになりますから逆にいい事だと思います。これが目立ちにくいブラックだと掃除もせず放置する形になって、久々に見たら酷い状態になっているというパターンになるでしょうし。


Ergohuman_Fit_56.jpg


★コントロールの部類は上位モデルと同じ作りで使いやすい・・・・調整レバーと調整ダイヤルはおそらくErgohumanシリーズ共通。直感的に操作できるので使いやすいですし、特に不満はないです。


Ergohuman_Fit_57.jpg


★キャスターはコロコロ転がる、キャスタースポークは剛性十分・・・・ポリウレタンの双輪PUキャスターはチェア自体がそこまで重くない事もあってかコロコロ転がって移動もスムーズ。キャスタースポークは剛性十分ですから、いい意味で特に語る事もないです。

Ergohuman Proとの比較


Ergohuman_Fit_58.jpg


ついでに以前使っていたProモデルと比較する形で感想を述べてみる、まずはデザイン性。前述のとおりFitモデルの方は同社製品で一番いいと思うくらいの見栄えですから、その面はProモデルより優位。Proモデルは上から下まで丸みを帯びたポッチャリな感じの形状で、構造がメカニカルでも見た目の野暮ったさが否めなかった。並べてみるとそれがよくわかります。


Ergohuman_Fit_59.jpg


背もたれはこうして見比べるとFitモデルの方が広かったりする。そして位置もFitモデルの方がやや高い。それなのに体型を選ばない余裕のある使用感になっているのはProモデルの方ですから、なんとも不思議。そこは形状の違いが大きく影響しているのではないかと。


Ergohuman_Fit_60.jpg


フレームは上から下までアルミダイキャストが使われているProモデルの方が剛性はしっかりしている感じですし、高級感もある。ただ、背面のデザインはどっちが好きかといえばFitモデルです。Proモデルは背面も野暮ったさが否めない。


Ergohuman_Fit_61.jpg


座面はフレームレスと言えるデザインで面積も広いFitモデルの方が良さそうに見えたりもしますが、前述のとおり左右にクッション材が設けられていないので座り心地はProモデルの方が良かったです。でもその左右のクッション材は使っていくうちにメッシュ生地からはみ出して断片がボロボロと取れていましたから、そのあたりを考慮して無くしたのかもしれません。


Ergohuman_Fit_62.jpg


ヘッドレストは上下を5段階で調整できるスライド式、かつアーム先端でチルト調整もできるProモデルの方が圧倒的に良かったですね。Fitモデルは持っていきたい位置に持っていけないのがいただけない。あと、ヘッドレスト自体の大きさが結構違っていて、そこもProモデルの方が良かったかなと。


Ergohuman_Fit_63.jpg


ランバーサポートはバックシートから完全に分離していて幅広だったProモデルの方が腰まわりをしっかりサポートしてくれる感じ。Fitモデルはサイズが小さいのと位置が高いせいか、局部的なサポートになっている。あと、Proモデルの方はここにもクッション材(上部のみ)が設けられていますから、その差もあるでしょう。


Ergohuman_Fit_64.jpg


アームレストは最新仕様のFitモデルに対しProモデルは旧仕様なので、どちらも最新仕様で比べないとフェアじゃないとは思いますが、使用感は同等です。少し低い位置にできるFitモデルの方が優位かなと。


Ergohuman_Fit_65.jpg


ベースは使っていてどちらが良いかってのは正直わからないのでノーコメント。ただ、座面のチルト調整が備わってないFitモデルはその可動部による妙なガタつきも当然ないので、前傾姿勢を取る事がないならチルト調整はない方がいいと思います。


Ergohuman_Fit_66.jpg


コントロールの部類は見比べても本当に一緒なので、どちらが良いとか悪いとかは特になく。


Ergohuman_Fit_67.jpg


キャスターは左がFitモデルで右がProモデル、ご覧のとおり大きさが違う。転がり具合など使用感は特に変わらないです。

総評


Ergohuman_Fit_68.jpg


1ヵ月ほど使ってみて改めて思ったのは、上位のProモデルとはやっぱり価格相応・クラス相応の差があるなと。ここまで語ってきたとおりあらゆる部分がグレードダウンしており、優っている点といえばデザイン性くらいしかない。日本人向けと謳っているサイズ感が決め手になるのは小柄な人に限られるでしょうし。でもグレードダウンは事前に承知の上で購入しましたし、使いはじめの時と変わらずどの部分も許容範囲ですから、後悔はしていません。下位モデルへの乗り換えなので満足度は高くないけれども、いい意味で価格相応の出来になっているので満足はしています。それにProモデルの野暮ったさは日を追うごとに感じていたので、デザイン性の良さは何だかんだで大きなポイントです。あとはどれくらい持ってくれるかなぁ・・・・耐久性に関しても各部の作りや構造から考えてProモデルの方がいいかもしれませんが、それは1年2年使ってみないと当然わかりませんね。




Ergohuman Fit
posted on 2019.06.02
エルゴヒューマン(Ergohuman)
売り上げランキング: 331