Cooler Master、オムロン製ロープロスイッチ採用のメカニカルキーボード『SK851』

SK851_01.jpg


海外で見かけたCooler Masterのキーボード「SK851」。
SK621」などCherry MX Low Profile RGB採用のメカニカルキーボードを出したCooler Masterが、それらとは別の薄型モデルをイベントに出展していた模様。おそらくこれが初披露となるオムロン製のロープロスイッチ採用を特徴としています。

Peripheral | Cooler Master
https://www.coolermaster.com/catalog/peripheral/?filter=28980/#!/Product=Keyboard





SK851_02.jpg



SK851_03.jpg



SK851_04.jpg



SK851_05.jpg



SK851_06.jpg



SK851_07.jpg



SK851_08.jpg
(via sweclockers)

キーボードの詳細についてはイベント会場のプレートや各所の情報を参考にすると、オムロン製ロープロファイルメカニカルスイッチ採用、RGBキーバックライト搭載、Bluetooth 4.0でのワイヤレス接続対応、バッテリー内蔵&USB Type-Cでのケーブル着脱式、電池寿命:最大5ヶ月(キーバックライト消灯時)、アルミフレーム採用、といった記載があり。展示されていた実機を見るにまるでパンタグラフキーボードみたいな薄型のフルサイズで、キーの印字から察するにMac向け。発売日・価格等は明らかにされておらず。

キースイッチに関してはBEKL?と称したゲーミンググレード扱いのもので、全高はCherry MX系よりも10mm以上低い7.4mm、その薄さでもメカニカルなクリック感を実現しているとのこと。事前情報をまったく見かけなかったものですから、この新たなロープロスイッチの登場は意表を突かれた人が多いでしょう。ロジクールのRomer-Gスイッチを製造しているオムロンなので品質は期待できるでしょうし、これからどういう形で普及していくのか注目ですね。




COOLER MASTER
売り上げランキング: