QPAD、桜デザインの大型ゲーミングマウスパッド『CD-45 Sakura』

QPAD_CD-45_Sakura_01.jpg


海外で見かけたQPADのマウスパッド「CD-45 Sakura」。
ゲーミングデバイスやメカニカルキーボードの界隈ではピンクや桜といった要素がちょっとしたトレンドになっていますが、これはそのトレンドに乗っかってきたと思われる桜デザインのゲーミングマウスパッド。カラーはピンク・ホワイトの2色あります。

QPAD、CORDURA採用の大型ゲーミングマウスパッド『CD-45』
https://watchmono.com/blog-entry-9222.html





QPAD_CD-45_Sakura_02.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_03.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_04.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_05.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_06.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_07.jpg



QPAD_CD-45_Sakura_08.jpg
(via pconline)

インビスタ社のナイロン生地・CORDURAを採用した表面、ラバーベースを採用した裏面、ステッチ加工&CORDURAタグ付き、サイズ:幅450x奥行き400x厚さ4mm、などマウスパッドの基本的な部分は通常モデルのCD-45と共通。Sakuraモデル独自の特徴はご覧のとおり表面に桜が描かれたデザインでカラーは2色、それと左下にシリアルナンバーがプリントされている模様。価格は通常モデルより1.7割くらい高い設定。

QPADのゲーミングマウスパッドはこれまで様々なデザインのモデルを出していたりしますが、いずれもゲームに何らかの関わりがあるものでしたので誰が見ても普通の桜を描いたこのデザインは正直意外。前述のとおりトレンドになっている2つの要素に目を付けて製品化した感じでしょうか。ちなみにピンク・ホワイトどちらも100個限定生産のようなので、主な展開地域である中国以外では出回らないと思います。