HIFIMAN、自身初の完全ワイヤレスイヤホン『TWS600』

HIFIMAN_TWS600_01.jpg


海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS600」。
RE2000」など高級路線のオーディオ製品で知られるHIFIMANの自身初となる完全ワイヤレスイヤホン。このモデル自体はスタンダードなタイプですが、なぜか有線イヤホンが同梱されているという不可解な点もある製品です。

HIFIMAN Home | TWS600
http://www.hifiman.cn/products/detail/274





HIFIMAN_TWS600_02.jpg



HIFIMAN_TWS600_03.jpg



HIFIMAN_TWS600_04.jpg



HIFIMAN_TWS600_05.jpg



HIFIMAN_TWS600_06.jpg



HIFIMAN_TWS600_07.jpg



HIFIMAN_TWS600_08.jpg



HIFIMAN_TWS600_09.jpg



HIFIMAN_TWS600_10.jpg
(via pconline)

通信方式:Bluetooth 5.0、連続再生時間:約5.5時間、スタンバイ時間:約110時間、充電時間:約1時間、重量:5.9g、という仕様。ナノコーティング振動板を採用したダイナミックドライバー、IPX4の防水性能、最大50mの通信距離、最大33時間分の充電が可能なストラップ付きバッテリーケース、有線イヤホン・イヤーピース付属、などが特徴。製品情報が唯一出ている中国での価格は1,280人民元(約20,000円)。

ちなみに同梱の有線イヤホンは日本だと15,000円くらいで売っている「RE600S」(AA)。どういう意図でセットにしたのかはちょっとわかりませんが、その有線イヤホンのせいで適正価格も判断しづらい・・・・。単純に差し引いたら完全ワイヤレスイヤホンの方は価格的にエントリー~ミドル級となるでしょうか。もしかしたら反響を見るために中国だけで出している試験的な第一号なのかもしれません。




HIFIMAN RE2000
posted on 2019.05.23
HIFIMAN
売り上げランキング: 27607