【イヤホン】Anker 『Soundcore Life NC』 レビューチェック

Soundcore_Life_NC_01.jpg


2019年4月に発売されたAnkerのイヤホン「Soundcore Life NC」。
ハイレゾ対応の12mm径ダイナミックドライバーやノイズキャンセリング機能の搭載を主な特徴としたネックバンド型のBluetoothイヤホン。発売後にaptXコーデック対応と追記もあったモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

Soundcore Life NC|Bluetoothイヤホンの製品情報 | Anker(アンカー)公式オンラインストア
https://www.ankerjapan.com/category/EARPHONE/A3201.html



画像


Soundcore_Life_NC_02.jpg



Soundcore_Life_NC_03.jpg



Soundcore_Life_NC_04.jpg



Soundcore_Life_NC_05.jpg



Soundcore_Life_NC_06b.jpg



Soundcore_Life_NC_07.jpg



Soundcore_Life_NC_08.jpg



Soundcore_Life_NC_09.jpg



Soundcore_Life_NC_10.jpg



Soundcore_Life_NC_11.jpg



Soundcore_Life_NC_06b.jpg
(via Amazon)



各所の反応


[#1]
Soundcore、ノイキャン/ハイレゾ対応のBluetoothイヤホン「Life NC」
https://www.phileweb.com/news/d-av/201904/25/47240.html



[#2]
ハイレゾ対応なのにSBC、AAC、~20khzでええんか…?



[#3]
アナログ有線接続もできるみたいだから
ハイレゾはそっちの対応って感じかな。



[#4]
Soundcore Life NC
ノイズキャンセリングの性能は期待ほどではなかった
地下街の雑踏などではほとんど効果なし
地下鉄やバスのゴォーという低音には効果あり

音質はかなりのドンシャリで聴き疲れする
どうも高音の硬さがどうもあって苦手かな
しばらく使ってるAnker SoundBuds Lifeに慣れているせいかも



[#5]
昨日届いたANKERのSoundcore Life NCはもうちょっとという感じだけど
値段を考えたらこれもいい



[#6]
Soundcore Life NCをしばらく使用していますが、音質はかなり強いドンシャリ
屋外で使用するにはこれぐらいメリハリが効いた音がいいのかもしれませんが
自宅での普段使いにはちょっといただけませんね

ノイズキャンセリングの効果について
小型のプロジェクターのファン音にはやや効果ありです
残念ながら消えるというわけにはゆきませんが、少し音源が遠くに行った感じです
夏になるとファン音が気になっていたので
これからはこのイヤホンを使うつもりです






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX/AAC/SBC、ドライバー:12㎜径ダイナミック型、連続再生時間:約10時間(NCオン)、充電時間:約2時間、重量:約60.5g、という仕様。IPX5の防水性能、ハイレゾ対応のダイナミックドライバー、周囲の音を遮断するアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込む周囲音取り込み機能、付属ケーブルでの有線接続対応、イコライザ調整などのカスタマイズができるSoundcoreアプリ、

ブログでレビューしている人(しく武呂具963・弐)はお一人いましたが、音の傾向はかなり強めのドンシャリ、ノイズキャンセリングの効きはBoseの「QuietControl 30」(AA)を比較対象にすると到底敵わない、でも価格を考えれば悪くない、このタイプで有線接続ができるのは長所、マグネット内蔵のイヤホンも便利、とのこと。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は聴き疲れしそうなほどの強ドンシャリで高音に硬さを感じる、音に関しては外で使うならいいかもしれないと思うチューニング、ノイズキャンセリングの性能は期待していたレベルではなく電車やバスの轟音には効果がある程度、といった内容。

この「Soundcore Life NC」は現在9,000円弱の価格で販売中。ノイズキャンセリング機能は上記のBoseなど価格が2~3倍も違う人気モデルと比べられてはさすがに分が悪いでしょうけど、価格帯を考慮すれば全面的に及第点は超えていそうな印象。高額でもないのに有線接続や専用アプリがあるのは何気に大きなポイントかもしれません。