Corsair、エントリークラスでガラスパネル採用のPCケース『Carbide Series 175R RGB』

Carbide_Series_175R_RGB_01.jpg


海外で見かけたCorsairのPCケース「Carbide Series 175R RGB」。
シンプルなタイプも奇抜なタイプも存在する”Carbide Series”の新たなPCケースで、価格的にもエントリークラスの位置付けとなるミドルタワーモデル。強化ガラスパネル採用やRGB LED搭載などトレンド的な要素は押さえているものです。

Carbide Series 175R RGB 強化ガラス製ミドルタワー ATX ゲーミングケース
https://www.corsair.com/p/CC-9011171-WW





Carbide_Series_175R_RGB_02.jpg



Carbide_Series_175R_RGB_03b



Carbide_Series_175R_RGB_04.jpg



Carbide_Series_175R_RGB_05.jpg



Carbide_Series_175R_RGB_06.jpg



Carbide_Series_175R_RGB_07.jpg



Carbide_Series_175R_RGB_08.jpg
(via wstx/quasarzone)

RGB LEDのロゴエンブレムを搭載したフロントパネル、強化ガラス製のサイドパネル、電源とケーブルを隠せるPSUカバー、フロント・トップ・ボトムにダストフィルター搭載、ファン最大6基搭載可能、水冷ラジエーター最大360mm対応、ビデオカード最大330mm対応、CPUクーラー全高160mm対応、サイズ:210x418x450mm、重量:6.1kg、主な仕様・特徴は以上。既に販売開始している北米での価格は59.99ドル。

製品情報では無駄のない古典的デザインと紹介されているモデルで、外観は確かにベーシックという表現が当てはまりそうな見栄え。それが決して悪い事ではなくトレンド的な要素を押さえていながら無難に仕上がっているところは、むしろ好む人が多いかもしれない。そしてエントリークラスの位置付けでも強化ガラスパネルを採用して上記の価格、CorsairのPCケースとして考えれば割安感がありますね。




Corsair
売り上げランキング: