お前らのPCケース見せろよ Part.8(Corsair)

PC_Case_08_01.jpg


海外のフォーラムサイトではPCパーツや周辺機器だけでもそれぞれのカテゴリで賑わっており、その中には自分の使っているものを公開して情報を共有しつつ盛り上がっている界隈もあり。今回取り上げるのはここ数年で内部を見せるスタイルが定着したPCケース。PCパーツからゲーミングデバイスまで世界的な人気を誇るCorsairの製品に的を絞って画像100枚を見てみます。

お前らのPCケース見せろよ Part.7(Cooler Master)
https://watchmono.com/blog-entry-9646.html





PC_Case_08_02.jpg



PC_Case_08_03.jpg



PC_Case_08_04.jpg



PC_Case_08_05.jpg



PC_Case_08_06.jpg



PC_Case_08_07.jpg



PC_Case_08_08.jpg



PC_Case_08_09.jpg



PC_Case_08_10.jpg



PC_Case_08_11.jpg



PC_Case_08_12.jpg



PC_Case_08_13.jpg



PC_Case_08_14.jpg



PC_Case_08_15.jpg



PC_Case_08_16.jpg



PC_Case_08_17.jpg



PC_Case_08_18.jpg



PC_Case_08_19.jpg



PC_Case_08_20.jpg



PC_Case_08_21.jpg



PC_Case_08_22.jpg



PC_Case_08_23.jpg



PC_Case_08_24.jpg



PC_Case_08_25.jpg



PC_Case_08_26.jpg



PC_Case_08_27.jpg



PC_Case_08_28.jpg



PC_Case_08_29.jpg



PC_Case_08_30.jpg



PC_Case_08_31.jpg



PC_Case_08_32.jpg



PC_Case_08_33.jpg



PC_Case_08_34.jpg



PC_Case_08_35.jpg



PC_Case_08_36.jpg



PC_Case_08_37.jpg



PC_Case_08_38.jpg



PC_Case_08_39.jpg



PC_Case_08_40.jpg



PC_Case_08_41.jpg



PC_Case_08_42.jpg



PC_Case_08_43.jpg



PC_Case_08_44.jpg



PC_Case_08_45.jpg



PC_Case_08_46.jpg



PC_Case_08_47.jpg



PC_Case_08_48.jpg



PC_Case_08_49.jpg



PC_Case_08_50.jpg



PC_Case_08_51.jpg



PC_Case_08_52.jpg



PC_Case_08_53.jpg



PC_Case_08_54.jpg



PC_Case_08_55.jpg



PC_Case_08_56.jpg



PC_Case_08_57.jpg



PC_Case_08_58.jpg



PC_Case_08_59.jpg



PC_Case_08_60.jpg



PC_Case_08_61.jpg



PC_Case_08_62.jpg



PC_Case_08_63.jpg



PC_Case_08_64.jpg



PC_Case_08_65.jpg



PC_Case_08_66.jpg



PC_Case_08_67.jpg



PC_Case_08_68.jpg



PC_Case_08_69.jpg



PC_Case_08_70.jpg



PC_Case_08_71.jpg



PC_Case_08_72.jpg



PC_Case_08_73.jpg



PC_Case_08_74.jpg



PC_Case_08_75.jpg



PC_Case_08_76.jpg



PC_Case_08_77.jpg



PC_Case_08_78.jpg



PC_Case_08_79.jpg



PC_Case_08_80.jpg



PC_Case_08_81.jpg



PC_Case_08_82.jpg



PC_Case_08_83.jpg



PC_Case_08_84.jpg



PC_Case_08_85.jpg



PC_Case_08_86.jpg



PC_Case_08_87.jpg



PC_Case_08_88.jpg



PC_Case_08_89.jpg



PC_Case_08_90.jpg



PC_Case_08_91.jpg



PC_Case_08_92.jpg



PC_Case_08_93.jpg



PC_Case_08_94.jpg



PC_Case_08_95.jpg



PC_Case_08_96.jpg



PC_Case_08_97.jpg



PC_Case_08_98.jpg



PC_Case_08_99.jpg



PC_Case_08_100.jpg


Corsairの現ラインナップを改めて見ると静音仕様のモデルもいくつかあるけれど、ガラスパネルやアクリルパネルを採用したディスプレイタイプが主流になっているのを再確認する。その中でも8枚目~から見かけるCrystal 570Xは4面がガラスパネルになっていて、表も裏も丸見えなのは非常にユニーク。後から出た鏡面モデルも見た目のインパクトがすごいなと。53枚目~から見かけるキューブ型のCrystal 280Xも奇抜なデザインが目を引く、でも大きめのサイズなのにMicroATXという事もあってかユーザーはそこまで多くなかった。60枚目~から見かけるCarbide SPEC-OMEGAは独特なケース形状とフロントのLEDラインが特徴的、好きな人は好きそうだ。69枚目~から見かけるCarbide 275Rはトレンドを押さえているモデルだけど、他が奇抜なので随分と無難なタイプに思える。81枚目~から見かけるGraphite 780Tはもう5年近く前のモデル、でもSFチックなデザインは今でも根強い支持があるようで。97枚目~から見かけるObsidian 1000Dは2台分積めるスーパータワーモデル、フロントの8連ファンは色々な面で強烈。

最後に印象的だったものを個別で取り上げていく。15枚目、上でも触れたCrystal 570Xの鏡面モデル、これならパーツを光らせなくてもサマになりそうで。17枚目、今回に限った話かもしれませんがCorsairケースのユーザーは本格水冷で組んでいる人が思ったほど少なかった印象。35枚目、裏面もスケスケなので裏配線も気を抜いてはいけない。72枚目、内部にフィギュアを入れるのも一種のコーディネートとして定着したと思う、そのうちパーツよりフィギュアがメインの構成にする人が出てきそうだよなぁ。76枚目、ケース内で金魚飼ってる・・・・よく見たら別に水冷でもないしどういうコンセプトだ!?。93枚目、フロントにステータスを表示するモニターもドライブベイ排除の流れと共に見かけなくなった感がある。99枚目、こちらも上で触れたフロント8連ファンのやつ、サイズがサイズだけに標準的なパーツ構成だとスカスカでしょうから最高峰のパーツで組んでナンボでしょうね。