【マウス】Corsair 『IRONCLAW RGB WIRELESS』 画像など

IRONCLAW_RGB_WIRELESS_07.jpg


2019年5月に発売されるCorsairのマウス「IRONCLAW RGB WIRELESS」。
IRONCLAW RGB」をベースにしたワイヤレスゲーミングマウスで、そっくりそのままワイヤレスにしたのではなくボタンの追加やボディパーツの変更など他の部分にも手を加えているモデル。写真でちょっと見てみます。

IRONCLAW RGB ワイヤレスゲーミングマウス
https://www.corsair.com/p/CH-9317011-AP





IRONCLAW_RGB_WIRELESS_08.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_09.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_10.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_11.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_12.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_13b.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_14.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_15.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_16.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_17.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_18.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_19.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_20.jpg



IRONCLAW_RGB_WIRELESS_21.jpg
(via cooln)

センサー:光学式、解像度:18000DPI、ポーリングレート:125-1000Hz、ボタン数:10、通信方式:2.4GHz/Bluetooth、バッテリー:内蔵、電池寿命:最大45時間(2.4GHz/LEDオフ)、サイズ:幅80x奥行き130x高さ45㎜、重量:130g、という仕様。超高速ゲーミンググレードのSLIPSTREAM WIRELESSテクノロジー採用、2.4GHz/Bluetooth/USB(有線)の3モード接続対応、PixArt PMW3391の光学式センサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、プログラム可能な10ボタン搭載、3ゾーンにRGB LED搭載、インジケータ搭載、オンボードメモリ内蔵、自動で調整を行うサーフェスキャリブレーション機能、統合ソフトウェア・iCUE、などが特徴。

有線モデルと比べてワイヤレス関連以外の変更点は、表面~左側面の中間に3個のボタンが追加、前方・後方のボディパーツが刷新、以上の2つ。各所のレポートによればセンサーは公称どおりPMW3391でマイクロスイッチはD2FC-F-K(50M)、バッテリーの容量は1000mAh、実重量は約133g、とのこと。有線モデルが約105gだったので普通なら120g台で作れたのではないかと思いますが、上記の変更点やバッテリー容量の多さが影響したのは明白。昨今の軽量ブームとは真逆を行くこのワイヤレスモデル、どのような見方をされるのかは出回ってみないとわかりませんね。「IRONCLAW RGB WIRELESS」は現在11,000円台の価格で予約受付中です。