【PCケース】NZXT 『H500 Overwatch』 フォトチェック

H500_Overwatch_01.jpg


2019年5月に発売されたNZXTのPCケース「H500 Overwatch」。
トップクラスの人気を得ているミドルタワーのPCケース「H500」に、人気FPSゲーム・Overwatchのデザインを取り入れたコラボモデル。通常モデルとは一点だけ作りが違っていたりもしますが、写真でちょっと見てみます。

H500 Overwatch Special Edition Compact Mid-Tower Gaming Case | NZXT
https://www.nzxt.com/products/h500-overwatch





H500_Overwatch_02.jpg



H500_Overwatch_03.jpg



H500_Overwatch_04.jpg



H500_Overwatch_05.jpg



H500_Overwatch_06.jpg



H500_Overwatch_07.jpg



H500_Overwatch_08.jpg



H500_Overwatch_09.jpg



H500_Overwatch_10.jpg



H500_Overwatch_11.jpg



H500_Overwatch_12.jpg


対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:7、ドライブベイ:3.5インチx2+1・2.5インチx2+1、I/O:USB 3.1 Gen1x2・Audio in/out、標準搭載ファン:120mm x2、サイズ:幅210x奥行き428x高さ460mm、重量:7kg、水冷ラジエータ最大280mm対応、ビデオカード最大381mm対応、CPUクーラー全高165mm対応、ファン最大4基搭載可能、という仕様。

オールスチール製の筐体、強化ガラス製のサイドパネル、ボルトフリーのフラットデザイン、など基本部分の作りや特徴は通常モデルと共通。Overwatchモデル独自の特徴は、フロントパネルにLEDで発光するロゴマークを搭載、右サイドパネルにマークとタイトルのロゴを大きくプリント、ケースの内部のケーブルマネジメントバーがオレンジに、以上の3点。価格は現在19,000円前後で販売中。

通常モデルは10,000円台で販売スタートした事を考えると割高感がやや否めないコラボモデルですが、通常モデルにはないフロントパネルのデザインとギミックは付加価値になるでしょうし、外観を見てOverwatchだとすぐわかるほどインパクトも大。ファンアイテムとしては十分良いものではないかと。ケース自体の出来は自分もH500iを使っているので一言、評判どおりです。




NZXT
売り上げランキング: 241