【モニター】LG 『27UL500-W / 27UL550-W』 レビューチェック

27UL500-W_01.jpg


2019年2月に発売されたLGの27インチ液晶モニター「27UL500-W / 27UL550-W」。
IPSパネル採用&解像度:3840x2160でHDR10対応やHDR効果モード搭載などを特徴としているエントリークラスの4K UHD液晶モニター。UL500とUL550の違いはスタンドと販売店の2点のみですが、ちょっとチェックしてみます。

27UL500-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン
https://www.lg.com/jp/monitor/lg-27UL500-W



画像


27UL500-W_02.jpg



27UL500-W_03.jpg



27UL500-W_04.jpg



27UL500-W_05.jpg



27UL500-W_06.jpg



27UL500-W_07.jpg



27UL500-W_08.jpg



27UL500-W_09.jpg



27UL500-W_10.jpg



27UL500-W_12.jpg



27UL500-W_13.jpg




製品仕様


画面サイズ:27インチ
表面処理:ノングレア
パネル:IPS
解像度:3840x2160
応答速度:5ms(GTG)
コントラスト比:1000:1
輝度:300 cd/m2
視野角:178/178
画素ピッチ:0.155mm
最大消費電力:36W

入力端子:HDMI x2/DisplayPort
スタンド:チルト(27UL500-W)、チルト/昇降(27UL550-W)
幅x高さx奥行き:623x460x209mm(27UL500-W)、623x572x230mm(27UL550-W)
重量:5.1kg(27UL500-W)、6kg(27UL550-W)




各所の反応


[#1]
LG、4K/HDR対応で実売4.6万円の27型液晶
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1170499.html



[#2]
27UK600-Wとそんなに変わらないかな・・・?



[#3]
写真編集にいいならこれにしようかな



[#4]
27UL550-Wは27UK650-Wとの違いはなんだろう
ピボットと輝度のみ?



[#5]
>>#4
ULとUKの差じゃなくてUL550とUL650のスペックシートからの差だと
550の方が標準輝度-50、最大輝度不明、DPは付いているけど対応バージョン不明
HDR対応しているみたいだけどHDR400なのかどうか不明、RADEON FreeSync対応
しているようだけど対応ポート不明、横幅左右5mm高さ7mm厚さ1mm増加、重量200g
低下、最大消費電力2W低下って感じでスペック若干廉価版で15,000円引ってところかな



[#6]
27UL550-W届きましたよ
設定をいろいろ煮詰め中
4kに見慣れるともう戻れないって感じ



[#7]
27UL500-W届いたから報告
画面のたてつきグラグラで若干モニターが右に傾いてる?とかなる
多分背面のケーブルが壁に接触してる事で
モニター背面が少し押されてる感じになってるから傾くのかなと
勿論触らなきゃグラグラしない
まぁ概ね満足、尿液晶ではなかったよ



[#8]
27UL550で明るさを0にしても、EIZOでいえば25相当の明るさ



[#9]
27UL550
全面白色に斑(まだら)無し
(一番怖かった)ドット抜け/常時点灯も無し

色再現はsRGBで印刷して確認したけど
個人的に期待通りかな(業務用ならダメかも)
工場出荷前のキャリブレーションがUL550は実施されている



[#10]
27UL550を少し使ってみたけど昔のLGより格段に綺麗になってはいるな
輝度を0にしても少し目が疲れる感じだけど

32インチのVAパネル採用品と迷ってたけど
机の前で画面全体がギリギリ収まるくらいになったから
27インチに抑えたのは正解だったっぽい



[#11]
27UL550を昨日買ったぜ。
普通の4Kディスプレイだとしか言いようがないな。

ゲームするならFreeSyncは有効かも。
ちょくちょく60Hzを下回るぐらいならあまりかくつきを感じなくなる。
常時60Hz以上を維持するには結構高い性能がいるからな。

HDRは忘れた方がいい。
Windows側でHDR有効にしたとたん
SDRコンテンツ全ての色が濃くなって輝度もおかしくなる。
HDRコンテンツをみるたびにON/OFFするのも面倒だ。

デザインは微妙だな。
背面が白いとは思わなかったわ。パンダかよ。
添付のケーブル類も白だ。黒がよかった。ACアダプタも全部白い。
白い壁の前以外に設置するなら違和感あるかも。



[#12]
ul500届いて早速ゲームに使ってみたけど
文字とかかなりハッキリしてすごい
ピクチャーモードとかにHDRモードとかあるけど
これやらなくてもHDRにはなってるの?
一番みやすいからこのモードにしてるけど



[#13]
>>#12
HDRモードはHDR風のSDです
windowsの画面設定でHDRを選択するか
BF5とかANTHEMみたいにゲームするときだけ自動でHDRになって
終了すると勝手に戻るゲームをプレイしない限りはSD表示のままです



[#14]
27UL500-W買ったけどかなり満足。
VAパネルの850fよりもかなり綺麗で大きさもちょうど。



[#15]
ul500届いてしばらく
初の4Kにしていい買い物をしたと言える代物だった
その時々で設定切り替えるにしてもすぐに慣れたし
逆に今までのやりにくさはなんだったのか。と

ボタン複数あると、やっぱりどこかで間違えるな
その場その場に見合った設定にするのが楽になった






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
sRGBカバー率98%、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、HDR10対応、SDR映像をHDRに近い画質に変換するHDR効果モード、超解像技術・Super Resolution+、ゲーミング機能(DASモード・ブラックスタビライザー・FPS/RTSモード)、フリッカーセーフ・ブルーライト低減モード、PC上で各設定が行えるOnScreen Control機能、工場出荷時キャリブレーション済み&レポート同梱、ヘッドホン端子搭載、VESAマウント対応、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。輝度を最低にしても明るいが液晶の質はなかなか良くて4K解像度は鮮明、同価格帯のVAパネルよりキレイに見える、FreeSyncやHDRは効果あるが必要性は人による、ジョイスティック式のボタンは操作性が優秀、UL500のスタンドは安定性がやや頼りない、カラーリングは人によって微妙に見えるかも、エントリークラスの4Kモデルとして考えれば概ね満足で良い買い物だった、といった内容。

この「27UL500-W / 27UL550-W」は現在42,000円台の価格で販売中。UL500の方はAmazon限定の形で販売されており、タイムセールやクーポンでさらに安くなる機会がある模様。スタンドは昇降機能も付いてて重量的にもしっかりしていそうなUL550の方が当然良いでしょうけど、両機をどう見るかは価格差次第で大きく変わってきそう。基本的な部分で欠点らしき欠点はないようですから、どちらもエントリークラスの中では無難な選択肢になるのではないかと。