Razer、リニューアルしたワイヤレスゲーミングマウス『Razer Lancehead Wireless』

Razer_Lancehead_Wireless_01.jpg


海外で見かけたRazerのマウス「Razer Lancehead Wireless」。
2017年に発売された「Razer Lancehead」のリニューアル版となるワイヤレスゲーミングマウス。姿形はそのままなので形状やボタン類は何も変わっていませんが、主要パーツと電池寿命それに価格設定が刷新されているモデルです。

Razer Lancehead Wireless
http://cn.razerzone.com/gaming-mice/razer-lancehead-wireless





Razer_Lancehead_Wireless_02.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_03.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_04.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_05.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_06.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_07.jpg



Razer_Lancehead_Wireless_08.jpg
(via inwaishe)

独自の無線技術・Adaptive Frequency Technology採用、解像度:16000DPIの光学式センサー・Razer 5G Optical Sensor採用、独自のマイクロスイッチ・Razer Mechanical Mouse Switches採用、サイドボタン&サイドグリップ搭載の左右対称デザイン、プログラム可能な9個のHyperesponseボタン搭載、Razer Chroma対応のRGB LED搭載、ゲーミンググレードのタクタイルホイール、統合ソフトウェア・Razer Synapse 3対応、主な仕様・特徴は以上。

旧モデル=Razer Lanceheadとの主な違いは、センサーがレーザーから最新版の光学式(PAW3390)に変更、電池寿命が倍以上に向上(約24時間→約50時間)、重量が少し軽量化(111g→109g)、価格設定は1割強安くなっている、など。基本スペックは最新モデルの「Razer Mamba Wireless」(AA)と同じ内容ですし、変更点はどれもプラス要素でいいこと尽くしのリニューアルですし、Lanceheadの既存ユーザーは買い替える価値が大いにあるのではないかと。




Razer(レイザー)
売り上げランキング: 87