【マウス】SteelSeries 『Rival 650 Wireless』 レビューチェック

Rival_650_Wireless_01.jpg


2019年1月に発売されたSteelSeriesのマウス「Rival 650 Wireless」。
Rival 600」をベースにしたワイヤレスゲーミングマウス。TrueMove3+光学システムやウエイトシステムはそのまま受け継いでおり、そしてラグフリーを謳う”Quantum Wireless”の採用を大きな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

Rival 650 Wirelessゲーミングマウス | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-mice/rival-650-wireless



画像



Rival_650_Wireless_02.jpg



Rival_650_Wireless_03.jpg



Rival_650_Wireless_04.jpg



Rival_650_Wireless_05.jpg



Rival_650_Wireless_06.jpg



Rival_650_Wireless_07.jpg



Rival_650_Wireless_08.jpg



Rival_650_Wireless_09.jpg



Rival_650_Wireless_10.jpg



Rival_650_Wireless_11.jpg



Rival_650_Wireless_12.jpg
(via it168/weibo)



メディア・レビューサイト


SteelSeries、高速充電対応の無線ゲーミングマウス「Rival 650」を発売 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1165000.html

低遅延のSteelSeries製ワイヤレスマウス「Rival 650」が発売 - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1166550.html

SteelseriesのワイヤレスマウスRival 650 Wirelessを買った | GHOSTHACK.NET
https://ghosthack.net/?p=6304

6☆stars | rival650を買ってみた
http://six-6stars.com/2019/04/14/post-1147/

【レビュー】大人気のワイヤレスマウス!SteelSeries「Rival650」 | RYO BLOG
https://ryoblog.site/steelseries-rival650-review

Rival 600/650用のラバーグリップを交換した | たまには叫びたいこともある
https://ngeipz.com/archives/598




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
センサー:光学式、解像度:100-12000CPI、トラッキング速度:350IPS、最大加速度:50G、ボタン数:7、バッテリー:内蔵、電池寿命:最大24時間、サイズ:幅69x奥行き131x高さ43mm、重量:121g、という仕様。1000Hz/1msの通信を実現するラグフリーシステム・Quantum Wireless、トップグレードの光学センサーと最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現する深度センサーを組み合わせたデュアルセンサーシステム・TrueMove3+、耐久性6000万回のオリジナルマイクロスイッチ採用、32-bit ARMプロセッサー内蔵、ホイール・ロゴ・ラインにRGB LED搭載、シリコンサイドグリップ搭載、4g×8個の錘で重量・重心の調整ができるウエイトシステム、15分の充電で10時間以上使える高速充電対応、統合ソフトウェア・SteelSeries Engine、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「ワイヤレス接続は非常に安定していて気になるような点は特にない」「バッテリーはLEDを消灯しておけば想像以上に長く持つ」「バッテリー残量はホイールのLEDカラーで判別できたりもする」「サイドボタンは小さくて押しづらく感じるかもしれない」「ホイールの使用感は良好」「ケーブルの着脱はややしづらい」「ウエイトシステムの錘の出し入れはスムーズにできるが、システムそのものを省けばもっと軽くできたのではないか」「サイドグリップはオプションで売っているので交換可能、ただし費用はかかる」「サイズ・重量が問題なければ推奨できるワイヤレスゲーミングマウス」といった内容。



各所の反応


[#1]
Rival 600の無線版でRival 650なんてのがあるんだな



[#2]
rival 650思ったより安いけど120gか
大きさ考えたらg403と同じような重さだよな



[#3]
Rival650は左側にサイドボタン3つの無線になるわけだが
G703と肩を並べられるのか



[#4]
rival650はマウスのサイズがそもそも大型クラスなんだから
重さは数値ほど気にならないんじゃね?
問題は実用レベルの無線通信ができるのかどうかだ…



[#5]
g703の対抗馬というよりかはボタン減らして無線化した502って感じだな
ただでさえ重いのに謎の重りがついてくるところも一緒



[#6]
Rival650良い感じ
どんな風にと聞かれるとrival600しか使ったことないから言えない



[#7]
rival600/650だけサイドラバーの替え売ってないと思ってたけど
いつの間にかサイドカバーごと売ってるんだな



[#8]
310系と600、650は良いよ。1to1は体感出来ないけど
センサー性能はロジテック超えた感はあるわ。3366よりもっと素直。



[#9]
Rival650が121gに全く感じない軽いフィーリングで
正直g703より軽く感じた。
YouTubeでBTが言ってた通りだと感動したわ。
でもサイドのグリップマジでネバネバしそう。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。独自のセンサーは他社のものより性能が高く感じる、比較的大型サイズで重い部類に入るが実際に使ってみると121gとは思えないほど軽快、サイドグリップは使っていくうちにベタつきそう、といった内容。・・・・この「Rival 650 Wireless」は現在14,000円台の価格で販売中。他社のワイヤレスモデルは80~100g台を実現しているものがあるので重量面はどうしても分が悪く見えますが、それ以外は高い基準を満たしている印象ですからその重量をどう捉えるかが一番のポイントとなりそう。ちなみにSteelSeriesは新シリーズのワイヤレスモデルが出るという噂もあり。短所となりそうな部分がどうしても引っかかるなら、新しい方を待つのも一手かと。




SteelSeries Rival 650 Wireless
posted on 2019.05.08
SteelSeries
売り上げランキング: 31