Sharkoon、電源カバーなしで2面ガラスパネル&ARGBファンx4搭載のPCケース『TG4 RGB』

Sharkoon_TG4_RGB_01.jpg


2019年2月に発売されたSharkoonのPCケース「TG4 RGB」。
フロント・サイドの2面に強化ガラスパネルを採用し、自社製のARGBファンを4基も標準搭載しているミドルタワーのPCケース。最近の製品にしては珍しく電源カバーが備わっていないところと、上記の内容からして異様に安いところが気になったのでちょっと取り上げてみます。

Sharkoon - TG4 RGB
https://ja.sharkoon.com/product/26685





Sharkoon_TG4_RGB_02.jpg



Sharkoon_TG4_RGB_03.jpg



Sharkoon_TG4_RGB_04.jpg



Sharkoon_TG4_RGB_05.jpg



Sharkoon_TG4_RGB_06.jpg



Sharkoon_TG4_RGB_07.jpg
(via Ideal Tech)

対応フォームファクタ:ATX/Micro-ATX/Mini-ITX、拡張スロット:6、ドライブベイ:3.5インチx2・2.5インチx4、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out、標準搭載ファン:120mm x4、サイズ:幅200x奥行き455x高さ430mm、重量:5.3kg、ビデオカード最大375mm対応、CPUクーラー全高160mm対応、という仕様。フロント・サイドに強化ガラスパネル採用、アドレサブルRGB LED搭載の120mmファンx4基標準搭載、RGBコントローラ付属、各社(ASUS・MSI・GIGABYTE)のLED連携システム対応、などが特徴。

前述のとおり電源カバーなしは最近だと逆に珍しいですが、近年の電源はモジュール式のケーブルが普及して雑多になりませんし、完成した状態を見てもそのあたりはそこまで目立たない。また、LEDを搭載した電源もあるのでパーツをすべて光らせたい場合には、むしろカバーなしの方が適しているかもしれない。あと、標準搭載のARGBファンはおそらく現在2,000円台で販売されている「SHARK Blades RGB Fan」(AA)。それが4つも付いてガラスパネルで価格は9,000円台ですから、コストパフォーマンスの高さは異様ですね。




Sharkoon
売り上げランキング: 200