ニューバランスのスニーカー『PROCTS』を買ってみた

PROCTS_01.jpg


2016年あたりから発売されているニューバランスのスニーカー「PROCTS」。
1970~1980年代のシンプルなコートモデルをキャンバスアッパーでリニューアルしたというスニーカー。シンプルで真っ白なタイプが欲しくなって巡ってみたところ、条件的にこれが魅力的だったので購入。ついでにざっと触れてみます。

【NB公式】メンズ|ニューバランス(New Balance)【公式通販】
https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEMEN





PROCTS_02.jpg


■おさらい・・・・触れていく前に製品情報をおさらいしておくと、「1970年から80年代のシンプルなコートモデル(PRO COURT)をキャンバスアッパーで提案」という商品紹介が記載されているモデル。靴幅:D、メイン素材:キャンバス、アウトソール:ゴム底、ミッドソール:合成底、という仕様。価格は当初7,000円台で販売スタートしたようですが、カラーによっては現在4,000円を切っている模様。それとAmazonで15%OFFクーポンの配布(これに限らずファッション全般)を現時点でやっており、自分は3,300円強で購入。






PROCTS_03.jpg


■内容物・・・・シューズ本体・説明書・箱の3点。






PROCTS_04.jpg


■本体表面・・・・スタンダードなデザインで定番のキャンバススニーカーという感じ。カラーは正確に言うとキャンバス素材の部分がピュアホワイト、ソールなどそれ以外の部分はオフホワイトですかね。






PROCTS_05.jpg


■本体裏面・・・・至ってフラットな形状にギザギザの溝が入っている。






PROCTS_06.jpg


■本体側面(外側)・・・・ニューバランス特有の”N”ロゴが入っている、それくらいしか触れる点はないほどシンプル。






PROCTS_07.jpg


■本体側面(内側)・・・・外側とほぼ同じ作りなので以下同文。






PROCTS_08.jpg


■本体前方・・・・このあたりも定番の作りって感じですね。






PROCTS_09.jpg


■本体後方・・・・バックステーに”new balance”のロゴが刻印されている。この部分の素材は合皮ではなくフェルト生地っぽいです。






PROCTS_10.jpg


■アッパー・・・・キャンバス生地の部分はご覧のとおり無地ですけど、なんというか線が入ったものが使われている。






PROCTS_11.jpg


■シューレス・・・・靴ひもは一般的なタイプの真っ白なものが使われている。ホールは7か所。






PROCTS_12.jpg


■タン・・・・”NB”のロゴが入ったタグの部分はナイロン生地かな?。キャンバス生地よりかは硬めの素材。






PROCTS_13.jpg


■サイドステー・・・・”N”のロゴはバックステーと同じフェルト素材っぽいものが使われている。






PROCTS_14.jpg


■ソール・・・・定番のラバーソール、材質も接着もしっかり作られている印象。






PROCTS_15.jpg


■内部(タン裏)・・・・型番とサイズの詳細が記載されている。生産国:インドネシアも記載あり。






PROCTS_16.jpg


■内部(インソール)・・・・取り外して見るべきでしたがキャンバススニーカーにしてはクッション性のある少々厚めのものが使われています。






PROCTS_17.jpg


■内部(生地)・・・・ヒールカウンターより前方の部分はすべてメッシュ。通気性は結構良さそう。






PROCTS_18.jpg


■重量・・・・料理用のスケールで量ってみると約312gの結果。この部類で重いのか軽いのかわからないですけど、実際持ってみて重いとは感じません。






PROCTS_19.jpg


■比較・・・・ニューバランスのシューズはいくつか持っていますが、どちらかと言えば有名なクラシックモデルよりもランニングシューズ寄りの作りになっているかなーと。靴幅:Dの作りからしてもそちら寄りになっていると思う。あくまで自分が所持している中で見ればですけど。






PROCTS_20.jpg


■ファーストインプレッション・・・・ちょっと履いてみて感じた事は思っていた以上に軽い、そして思っていた以上に履き心地が良い。キャンバススニーカーってどれもコンバースのオールスターみたいな古い作りなんだろうという認識だったので、正直嬉しい誤算。特にソールはインソールのおかげか着地の際に硬さがそこまで気にならない感触で好印象。上記のクラシックモデルやランニングシューズには当然及ばないものの、ちょっとしたお出かけなら足が疲れるって事はまずなさそう。今まで履き心地の面で敬遠していたけど、この出来ならクラシックモデルから鞍替えしますよ。とりあえずシンプルで真っ白なスニーカーが欲しいという目的は達成、3,000円台でこれが買えるならもう一つストックしておこうかなと思うくらい満足です。




new balance(ニューバランス)
売り上げランキング: 74