【スマートフォン】OPPO 『Reno』 フォトチェック

OPPO_Reno_01.jpg


海外で発売されているOPPOのスマートフォン「Reno」。
R17 Pro」などの製品で日本でも知名度を高めつつあるOPPOの新たな6.4インチ/ColorOS 6(Android 9)スマートフォンで、画面占有率93.1%のフレームレスディスプレイやディスプレイ指紋認証などを特徴としているモデル。ラインナップは通常版と10倍ズーム/トリプルカメラ版の2つありますが、前者の方を写真でちょっと見てみます。

【OPPO Reno 全新系列】 - OPPO智能手机官网
https://www.oppo.com/cn/product/reno/index.html






OPPO_Reno_02.jpg



OPPO_Reno_03.jpg



OPPO_Reno_04.jpg



OPPO_Reno_05.jpg



OPPO_Reno_06.jpg



OPPO_Reno_07.jpg



OPPO_Reno_08.jpg



OPPO_Reno_09.jpg



OPPO_Reno_10.jpg
(via igao7)

画面サイズ:6.4インチ、パネル:AMOLED、解像度:2340x1080、OS:ColorOS 6(Android 9)、CPU:Snapdragon 710、GPU:Adreno 616、メモリ:6GB/8GB、ストレージ:128GB/256GB、通信機能:4G LTE・Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0・NFC、カメラ:4800万画素+500万画素(アウト)/1600万画素(イン)、インターフェイス:nanoSIM x2/microSD/USB Type-C/イヤホンジャック、バッテリー:3765mAh、サイズ:156.6x74.3x9.0mm、重量:約185g、という仕様。

有機ELディスプレイ(AMOLED)・画面占有率93.1%のフレームレスデザイン・Gorilla Glass 6採用、画面上にセンサーを搭載したディスプレイ指紋認証、ボディと段差のないデュアルアウトカメラ、サイドスウィングリフト構造のインカメラ&フラッシュ、Dolby Atmos対応のデュアルスピーカー、独自の急速充電技術・VOOC 3.0対応、高音質コーデック・aptX HD/LDAC対応、NFC対応、Android 9をベースにした独自開発のColorOS 6、などが特徴。

価格設定は拠点の中国だと一番安い6GB/128GBモデルで2,999人民元(約49,600円)。ミドルレンジクラスでありながら同社の「Find X」(AA)を彷彿とさせるフレームレスデザインとギミックは魅力的ですし、スペックは一般的な用途なら十分すぎる内容。また、10倍ズーム/トリプルカメラ版はカメラの性能だけでなくゲームプレイを想定したハイスペックもウリにしている模様。OPPOの日本展開は現在進行形ですから発売されるなら要注目です。




OPPO Japan
売り上げランキング: 958



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -