Philips、低価格帯の31.5インチ/WQHD液晶モニター『326E8FJSB』

326E8FJSB_01.jpg


海外で見かけたPhilipsの31.5インチ液晶モニター「326E8FJSB」。
エントリークラスなみの低価格で日本でも定評を得ているE-Lineシリーズから登場した31.5インチ/WQHD液晶モニター。北米のショップでは300ドルを切っており、サイズ・解像度から考えてこれも低価格と言えるモデルです。

QHD LCD monitor 326E8FJSB/27 | Philips
https://www.usa.philips.com/c-p/326E8FJSB_27/qhd-lcd-monitor





326E8FJSB_02.jpg



326E8FJSB_03.jpg



326E8FJSB_04.jpg



326E8FJSB_05.jpg



326E8FJSB_06.jpg



326E8FJSB_07.jpg



326E8FJSB_08.jpg
(via baidu)

画面サイズ:31.5インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、コントラスト比:3000:1、輝度:250 cd/m2、視野角:178/178、応答速度:5ms(GTG)、入力端子:D-sub/DVI/HDMI/DisplayPort、主な仕様は以上。10bitカラー対応のVAパネル採用、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、ゲームジャンル・コンテンツに適したプリセットを選択できるSmartImage game、フリッカーフリー技術・ローブルーライトモード搭載、VESAマウント対応、などが特徴。北米での実売価格は現在279.99ドル。

フレームレスデザインではなかったりスタンドがやや頼りない作りだったり、低価格帯らしいと言える部分はいくつかあり。しかし初動から上記の価格なら31.5インチ/WQHDの条件では最安クラスに入るでしょうし、E-Lineシリーズの中にはVESA非対応のモデルがあるのでちゃんと対応している点も人によってはプラス要素となりそう。あと、FreeSync対応も。仮に日本でも最安クラスで発売されれば人気モデルとなっているViewSonicの「VX3276-2K-MHD-7」(VC)から人気を奪えるかもしれませんね。




Philips(フィリップス)
売り上げランキング: 611