【キーボード】Cooler Master 『SK650』 画像など

SK650_08.jpg


海外で発売されているCooler Masterのキーボード「SK650」。
SK630」と同じくCherry MX Low Profile RGBのキースイッチを採用した薄型メカニカルキーボードで、こちらはスタンダードなフルサイズのモデル。サイズが関わる部分を除けば同じ作りですが、ちょっと見てみます。

SK650 | Cooler Master
http://www.coolermaster.com/peripheral/keyboards/sk650/






SK650_09.jpg



SK650_10.jpg



SK650_11.jpg



SK650_12.jpg



SK650_13.jpg



SK650_14.jpg



SK650_15.jpg



SK650_16.jpg



SK650_18.jpg



SK650_19.jpg



SK650_20.jpg
(via xfastest)

キースイッチ:Cherry MX Low Profile RGB、キーレイアウト:104キー英語配列、キーキャップ:ABS、サイズ:幅430x奥行き125x高さ25mm、重量:629g、という仕様。Cherry MX Low Profile RGBのキースイッチ(赤軸)採用、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、フラットタイプの薄型キーキャップ採用、アルミ製トップカバー&フローティングデザインのフレーム、USB Type-C採用のケーブル着脱式、32bit ARM Cortex M3プロセッサ&512KBオンボードメモリ内蔵、キーボード上で一通りの設定が行えるオンザフライシステム、各設定が行える専用ソフトウェア、キー引き抜き工具・ポーチ付属、などが特徴。北米での価格は139.99ドル。

Cherry MX Low Profile RGB採用でフルサイズのメカニカルキーボードといえば、Corsairの「K70 RGB MK.2 LOW PROFILE」(AA)、FILCOの「Majestouch Stingray」(AA)、以上の2モデルが既に日本でも発売済み。それらは従来の型を継承しながら薄型化を実現したような作りですが、こちらは完全な新型のフラットデザインで寸法的にも最薄の存在。また、その2モデルは薄型でもパームレストはあった方がいいと言われていましたし、その面でも優位になりそうな感があり。ただ、フレーム~キーキャップの間隔が割とあってそこはちょっと気になるところ。実際触れてみないとわからない点も多そうでなので、とりあえずは国内リリースを期待したいところです。




Cooler Master MasterKeys MK750
posted on 2019.03.31
Cooler Master
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -