コレクションフィギュアで立体キーキャップを簡単に作る

Collectionfigure_Keycaps_01.jpg


メカニカルキーボードのキーキャップに小さいフィギュアを取り付けて簡単な立体モノを作るという手法は結構前から見かけており、実践している人もそれなりにいそうなので今さら取り上げる事でもないのですが、昔に比べれば小さいフィギュアも多種多彩になってキーキャップに適したサイズと言えるものが割と存在するようです。

ねんどろいどぷちを直接取り付けて痛キーキャップにする
https://watchmono.com/blog-entry-3824.html






Collectionfigure_Keycaps_02.jpg


まず小さいフィギュア=コレクションフィギュアの近況について触れると、高さが100mmもないデフォルメタイプは数年前まで各社が出していたようですが、ここ最近はブシロードクリエイティブくらいしか出しておらず他社は再販する程度になっている模様。そのブシロードクリエイティブの製品は、全高~65mmで価格800円前後のパッケージ品、全高~35mmで価格300円のカプセルトイ、以上の2タイプを現在進行形で展開中。今回参考にしているのはパッケージ品で2018年3月発売の「エロマンガ先生 紗霧がいっぱいコレクションフィギュア」。






Collectionfigure_Keycaps_03.jpg


ブシロードクリエイティブのコレクションフィギュアはパッケージ品もカプセルトイも大体5種類で出しており、1キャラものは棒立ちではなく様々なポージングを取っているラインナップ。その中には座っているor横になっているポーズのものが割とあって、キーキャップへ取り付けるにはちょうどいいサイズかもという印象。






Collectionfigure_Keycaps_04.jpg


取り付けを実践した光景。キーキャップ上でちょこんと体育座りしているのがなんとも可愛い・・・・これは座っているポーズのだけ集めたくなるくらいだ、今度ホビーショップでざっと見てこよう。ただ、小さくても立体的なフィギュアなので入力の妨げになるのは必至、フルサイズやテンキーレスのEscもしくは他と離れているキーに取り付けるならって感じですかね。






Collectionfigure_Keycaps_05.jpg
(via baidu)

ちなみにもう一つの方はメガハウスのお茶友シリーズ。こちらはカップに乗せるのを想定して作られているものが多く、上記よりさらに小さいのでキーキャップへ取り付けるにはより適しているフィギュアだったり。製品展開は2018年半ばでストップしているので新製品は出なさそうですけど。さておき、キーボードにホビー的なアクセントが欲しくなったら、こういうものを導入してみるのも有りではないかと。




ブシロードクリエイティブ(bushiroad creative)
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -