ピクセラの43インチ/4K液晶モニター『PIX-43MX100』が40,000円を切る

PIX-43MX100_01.jpg


2018年3月に発売されたピクセラの43インチ液晶モニター「PIX-43MX100」。
解像度:3840x2160のIPSパネル採用やHDR10対応などを特徴とした大型サイズの4K UHD液晶モニター。発売当時の価格は85,000円前後でしたが、処分に入ったのかメーカー自ら40,000円を切って販売していました。

鮮やかな映像美を再現する、4K対応の高画質ディスプレイ - 特長 | 株式会社ピクセラ
http://www.pixela.co.jp/products/display/mx100/





PIX-43MX100_02.jpg



PIX-43MX100_03.jpg



PIX-43MX100_04.jpg



PIX-43MX100_05.jpg
(via ASCII)

画面サイズ:43インチ、パネル:IPS、解像度:3840x2160、コントラスト比:1100:1、応答速度:9ms(GTG)、輝度:350 cd/m2、視野角:178/178、入力端子:HDMI2.0 x2/DisplayPort/miniDisplayPort、主な仕様は以上。HDR10対応、最大4分割の画面表示対応、7W×2スピーカー・USBハブ搭載、などが特徴。実機は大手の家電量販店でも展示されていて自分も見る機会が何度かありましたが、大型4Kモデルとして強調できる点がなかった事に加えて発売当時の価格では割高感が否めず、あまり注目されそうにないなと思ったのが正直なところ。こうして大幅に値を下げて処分に入っているという事は実際厳しかったのでしょう。同じサイズ同じ解像度で40,000円を切っているものを検索してみるとJAPANNEXTの「JN-VT4300UHD」(AA)があり、そちらは液晶パネルがAMVA。その二択でどちらが良いかと言えば・・・・自分なら好みでIPSの方を選びますかね。




ピクセラ
売り上げランキング: 221