【モニター】LG 『27UL650-W / 27UL600-W』 レビューチェック

27UL650-W_27UL600-W_01.jpg


2018年11月に発売されたLGの27インチ液晶モニター「27UL650-W」。
27UK650-W」の後継機にあたるIPSパネル採用・フレームレスデザイン・DisplayHDR 400対応などを特徴とした4K UHD液晶モニター。スタンドが簡略化されたAmazon限定モデル(27UL600-W)も出ていますが、合わせてチェックしてみます。

27UL650-W | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン
https://www.lg.com/jp/monitor/lg-27UL650-W



画像


27UL650-W_27UL600-W_02.jpg



27UL650-W_27UL600-W_03.jpg



27UL650-W_27UL600-W_04.jpg



27UL650-W_27UL600-W_05.jpg



27UL650-W_27UL600-W_06.jpg



27UL650-W_27UL600-W_07.jpg



27UL650-W_27UL600-W_08.jpg
(via twitter/AKIBA PC Hotline!)



製品仕様


<27UL650-W>
画面サイズ : 27インチ
表面処理 : ノングレア
パネル : IPS
解像度 : 3840x2160
応答速度 : 5ms(GTG)
コントラスト比 : 1000:1
輝度 : 350 cd/m2(通常)・400 cd/m2(ピーク)
視野角(上下/左右) : 178/178
画素ピッチ : 0.155mm
消費電力 : 36W

入力端子 : HDMI x2/DisplayPort
スタンド : ピボット/チルト/昇降
幅x高さx奥行き : 613x567x230mm
重量 : 6.2kg




各所の反応





[#2]
もっとお買い得なモデルがいいならば
Amazon限定モデル 27UL600-Wがある、1月22日に入荷予定



[#3]
買っちゃいました
27UL650めちゃくちゃ明るいですね
ピクチャーモードをHDR効果にして明るさを4まで下げたんですけど
白いところの輝度が963LUX
今まで使っていたRDT233WX-3Dがブライトネス83で輝度が678LUXですw
色合いはどちらもそれほどの違いはないですが解像感はやはり段違いですね
小さな文字がすごく見やすいです

ピクチャーモードを鮮やかにして明るさを30にすると
590LUXでちょうどいい感じになりました
Ji96XCW.jpg



[#4]
>>#3
ゲームではグラフィック、残像等々どうですか?
ゲーム用に検討中



[#5]
>>#4
自分はPCで基本的にゲームはやらないのでちょっとわからないですね
PS4Proは持っているんですけど離れているので接続試せないです
お店で確認したほうが良いかもですね



[#6]
>>#5
了解です
ちなみに入力切り替えや設定変更操作はやりやすい方ですか?



[#7]
>>#6
設定ボタンは今までにない変わったUIで
ボタン一つですべて行うのですが特に使いにくいとは感じないですね
慣れの問題かもしれません
ただ、付属のソフトをインストールしたところ一部の機能しか動かなかったです
自分のPCは新型Mac mini(2018)でOSも最新なので対応していないのかもしれません



[#8]
32のフィリップス4k600hdrのヤツ即売りして、27ul650買ったわ
フィリップスのは目潰し酷いのと切り替えのセンサー過敏すぎてイライラした
ただ映像は正直フィリップスのが上だったな
動画には向くけどネットサーフィンの文字には向かないみたいな
27ul650は見やすくて疲れないけど地味4KHDRの悦びはあんま無い



[#9]
27UL550-Wは27UL650-Wとの違いはなんだろう
ピボットと輝度のみ?



[#10]
>>#9
UL550とUL650のスペックシートからの差だと
550の方が標準輝度-50、最大輝度不明、DPは付いているけど対応バージョン不明
HDR対応しているみたいだけどHDR400なのかどうか不明
RADEON FreeSync対応しているようだけど対応ポート不明
横幅左右5mm高さ7mm厚さ1mm増加、重量200g低下、最大消費電力2W低下
って感じでスペック若干廉価版で15,000引ってところかな



[#11]
27UL600-W(尼限定モデル)購入記念カキコ
27UD58-Bからの買い替え
4K同サイズの買い替えは無駄かなと思ったが
明るい、鮮やか、綺麗
初4KのUD58の精細さにも感動したが、さらに彩りが増し増しされた感じ
わが衝動買いに一片の悔いなし






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
視野角が広く鮮やかで自然な色再現を実現するIPSパネル採用、sRGBカバー率99%、DisplayHDR 400対応、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、ゲーマー向け機能(Black Stabilizer・DAS Mode)、フリッカーセーフ機能・ブルーライト低減モード、PC上で各設定が行えるOnScreen Control機能、3辺フレームレスデザイン、ヘッドホン端子搭載、VESAマウント対応、などが特徴。27UL600-Wはスタンドの調整機能がチルトのみで販売はAmazon限定。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。フルHDモデルからの買い替えだと解像感が段違いで小さい文字が見やすい、同社の旧型かつ下位の4Kモデルから買い替えでもグレードアップした感がある、Philipsの「328P6VUBREB/11」(AA)から買い替えだと見やすくて疲れないがサイズ的な面でさすがに下回る、液晶の明るさは眩しいくらいだが調整次第でちょうどよくなる、OSDの操作はボタンやUIが独特で慣れが必要、といった内容。

「27UL650-W」は現在58,000円前後、「27UL600-W」は現在53,000円前後の価格で販売中。両機の液晶自体は同じもので違いはスタンドだけですから、調整機能が不要だったりモニターアーム使用を前提にしているのであれば後者を選んだ方がコストパフォーマンスの面で良さそう。最新の4KモデルとしてUSB Type-Cみたいな付加機能は備わってないけれども基本的な要素は揃っているので、求めている条件次第では最適な選択肢になるかもしれませんね。




LG
売り上げランキング: 97