【イヤホン】TaoTronics 『TT-BH052』 レビューチェック

TT-BH052_01.jpg


2018年11月に発売されたTaoTronicsのイヤホン「TT-BH052」。
IPX7の防水性能やモバイルバッテリーにもなる大容量バッテリーケースなどを特徴とした完全ワイヤレスイヤホン。今のところ割引クーポンを常時配布していて低価格帯に当てはまるであろうモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

TT-BH052 Bluetooth 5.0 完全 ワイヤレス イヤホン
https://www.taotronics.jp/TT-BH052-Bluetooth-5.0-Stereo%20Earphones.html




Banner_01.png



TT-BH052_02.jpg



TT-BH052_03.jpg



TT-BH052_04.jpg



TT-BH052_05.jpg



TT-BH052_06.jpg



TT-BH052_07.jpg



TT-BH052_08.jpg



TT-BH052_09.jpg



TT-BH052_10.jpg
(via Amazon)





Banner_03.png


5,999円の左右分離イヤフォン。120時間再生/IPX7防水対応 - AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1155572.html

ケース併用で最大120時間使える完全ワイヤレスイヤホン「TT-BH052」 - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/news/d-av/201811/28/45794.html

TaoToronics初の完全ワイヤレスイヤフォン | ギズモード・ジャパン
https://www.gizmodo.jp/2018/11/amazon-taotronics-tt-bh052.html

TaoTronics TT-BH052レビュー | マクリン
https://makuring.com/tt-bh052/

TaoTronicsのTT-BH052をレビュー - 僕は猫だった
https://www.goodgoodlife.xyz/entry/TaoTronics-TT-BH052




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約3時間、充電時間:約2時間、重量:約4.9g、という仕様。IPX7の防水性能、タッチコントロールボタン、自動ペアリング機能、3500mAhのバッテリー搭載&端末の充電も可能なバッテリーケース、などが特徴。・・・・レビューしている人は数名いましたが、「音質は低価格帯の完全ワイヤレスとして考えれば許容できるレベル、低音は控えめ」「接続の安定性は思っていたよりも良い」「タッチコントロールの反応は良くない」といった内容。





Banner_06.png


[#1]
TaotronicsのBH052
アマゾンで発売記念特典コード入力で1000円安くなってたから買ってみた
低音はあまり無いけどNetflix遅延ゼロで聞き疲れしない素直な音
外出用なので十分満足です



[#2]
taoのはタッチ操作なんだな
G1の新しいのも気になるし
商品の更新が速いから楽しいのう



[#3]
tao買ってみたけどliteのほうがいいな
他のとは持ってないから比べられんが



[#4]
エクササイズ用にTT-BH052を買った。
音切れもなくワイヤレスの自由を感じられる良品。
音は軽めでシャリシャリ感があるが
もともと期待していないから問題ない。



[#5]
TT-BH052買ってみて
まだYouTubeしか見てないけど
値段からするとちょうどいい感じ



[#6]
TT-BH052
コンプライのイヤーチップつけてもギリ充電できる
コンプライつけたら音がかなり良い感じに改善された
やっぱりコンプライだな



[#7]
安くなってたTT-BH052
IPX7と水に強いのでこれからはお風呂で活躍してもらいます



[#8]
セールだったので初めてトゥルーワイヤレスに手を出したんだけど
思ってたよりも音も良くていい感じ
5千円程度でこのクオリティなら全然ありだわ
ラグはあるので動画見るには向かない(SBC接続)
音楽だけならオススメですぜTT-BH052



[#9]
フルワイヤレスイヤホンデビューでTT-BH052買ってみた
店で試せなかったのでAmazon1発買いという博打だったけど
値段の割に音も悪くないしバッテリー長持ちで防水もあり
危惧していた装着感も気にならない程度で
自分的には満足いく買い物が出来た






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。低音はあまり出ないシャリシャリ感のある音、イヤーピースの交換で音や装着感が改善される余地あり、SBC接続だと音の遅延は気になる、IPX7防水なので水まわりでも使える、価格を考えれば満足のいく出来、といった内容。ケースが大容量でもイヤホンが3時間再生というのは最近の製品だと最低限の域ですし、名が挙がっていたAnkerの「Soundcore Liberty Lite」(AA)など同価格帯のものと比較になれば分が悪い点もいくつかありそうな印象。とはいえ総合的に見ればどれも大差ないので、結局は価格勝負になりそうな感もあり。その価格は現在6,000円弱で前述のクーポンを適用すれば4,000円台、それくらいで買えるなら手ごろな選択肢として優位かもしれませんね。




TaoTronics
売り上げランキング: 75