Akko、レトロカラーのメカニカルキーボード『Akko 3108 V2 SA - Steam Engine』

3108_V2_SA_01.jpg


海外で見かけたAkkoのキーボード「Akko 3108 V2 SA - Steam Engine」。
Akko World Tour – Tokyo」と同じ筐体のメカニカルキーボードで、こちらはその名のとおり蒸気機関をモチーフにしたレトロカラー、それとSAプロファイルのキーキャップを採用しているのも特徴のモデルです。

Akko 3108 V2 – SA球帽蒸汽机 | Akko艾酷官方网站
https://www.akkogear.com/keyboards/4004.html






3108_V2_SA_02.jpg



3108_V2_SA_03.jpg



3108_V2_SA_04.jpg



3108_V2_SA_05.jpg



3108_V2_SA_06.jpg


108キー英語配列のキーレイアウト、Cherry MXキースイッチ採用、SAプロファイル/PBT製のキーキャップ採用、USB Type-Cでのケーブル着脱式、サイズ:幅440x奥行き140x高さ41mm、重量:約1.2kg、主な仕様・特徴は以上。中国での価格は599人民元(約9,800円)。また、キーキャップセットのみの販売も行っており、価格は299人民元(約4,900円)。・・・・こういうレトロデザインのキーキャップは自作界隈で何度か見たような気もしますが、キーボードのメーカーがキーボードに取り入れて製品化しているのは多分珍しい。レトロといえばAJAZZも「AK510」を出していましたし、中華系の間でちょっとしたブームが来ているのかもしれない。ちなみにAkkoの製品は中華スマートフォンを調べているとよく目にする海外通販サイト・Banggoodでいくつか取り扱っており、これのキーキャップセットは既に販売していたりします。要は海外メーカーでも意外と入手しやすい部類だったようで。




VARMILO VA104M Cotton Candy
posted on 2019.02.18
VARMILO
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -