【PCケース】Thermaltake 『Level 20 VT』 レビューチェック

Level_20_VT_01.jpg


2018年10月に発売されたThermaltakeのPCケース「Level 20 VT」。
設立20周年を記念して展開するようになったLevel 20シリーズのPCケースで、これはそのうちの一つなるチャンバー構造や4面強化ガラスパネルを採用したMicroATX/キューブ型のモデル。ちょっとチェックしてみます。

LEVEL 20 VT | Thermaltake キューブ型PCケース | 株式会社アスク
https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/cube-pccase/level-20-vt.html



画像


Level_20_VT_02.jpg



Level_20_VT_03.jpg



Level_20_VT_04.jpg



Level_20_VT_05.jpg



Level_20_VT_06.jpg



Level_20_VT_07.jpg



Level_20_VT_08.jpg



Level_20_VT_09.jpg



Level_20_VT_10.jpg



Level_20_VT_11.jpg



Level_20_VT_12.jpg



Level_20_VT_13.jpg
(via zol.com/facebook)



各所の反応


[#1]
Thermaltakeの20周年記念Cube型PCケース「LEVEL 20 XT/VT」
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/1005/278519

これで全てが分かる。Thermaltake「Level 20 VT」徹底解説
http://www.gdm.or.jp/review/2018/0928/274032



[#2]
level 20 VTいいなぁ大型空冷で使用してみたい
280X購入したばかりだけど目移りしちゃう



[#3]
V21とほぼ同じ大きさ
Core V21 (H x W x D) 336 x 320 x 424 mm
Level 20 VT  (H x W x D): 348 x 330 x 430 mm



[#4]
level20VTって一応マザボ水平置きだけど
縦横の寸法同じだから組み換えできるようになってるんだな
チャンバーケースみたいでいい



[#5]
横置きで良さげなのないかなー
てかもっと横置きケース増えて欲しいわ



[#6]
>>#5
最近ならlevel20系かねぇ
microのやつは結構よさげだわ
E-ATXのやつはデカすぎ



[#7]
level20シリーズは手を出せるのはVTぐらいかなぁ
MATX用ケースでは280Xと迷ってるけど



[#8]
>>#7
HDD載せるならVTの方が冷やせるよ
280Xは別の部屋だし
あとクーラーもVTは高いやつでも乗せられるのが強みだけど
280Xは150mmまでだし



[#9]
LEVEL 20 VTがやっと届いた
上下左右の4面を開放し天地無用でグルグル回転させながら
両手を突っ込んで組み立て、不器用な人間にもってこい
天面に通気口が無いので32cm x 37cmのガラステーブルにもなる



[#10]
ケースの顔である前面の20cmファンは3ピンでRGB無し
3.5"HDD Tray用のネジは細くて3.5"HDDのネジ穴と合わない
システムパネルのコネクターが一体ではなくバラバラなので少し面倒くさい
SSDが壁面間際に垂直配置なのでシリアルATA用電源延長ケーブルが必要になる
プラの質感……普通?



[#11]
Level 20 VT
このケースはトップにファンを付けてもガラスに直撃するだけに見えますが
このケースはしっかり排気出来るのでしょうか?



[#12]
>>#11
ガラス面の下に1cmほどの隙間がある。
ガラス面を取り外すことも出来る。



[#13]
VTのマザボ90度変えられるのはいいけど
そうすると電源のファンが死ぬという



[#14]
Level 20 VTで組んだけど
デカいキューブで思ったほど透け透けでもなかった
ほんとオーディオのサブウーハーくらいの大きさだな
空間が広いのはいいわ



[#15]
>>#14
スモークガラスがいい感じですよね
youtubeのビルド動画を見てるとDIY水冷に挑戦しちゃいそうで怖くなる






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
対応フォームファクタ:MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:5、ドライブベイ:3.5/2.5インチx3・2.5インチx3、I/O:USB 3.0x2・USB 2.0x2・Audio in/out、標準搭載ファン:200mm x1、サイズ:幅330x奥行き430x高さ348mm、重量:8.66kg、水冷ラジエータ最大280mm対応、ビデオカード最大350mm対応、CPUクーラー全高185mm対応、ファン最大9基搭載可能、という仕様。フロント・トップ・両サイドに4mm厚の強化ガラスパネル採用、優れた拡張性を実現するチャンバー構造、フロントに200mmファン&ダストフィルター搭載、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。本体が大きいだけあって内部の空間も広くパーツの自由度は高い、マザーボードは縦横どちらも設置可能、HDDも冷やせる構造、標準搭載ファンはLED非搭載、スモークがかかったガラスパネルはいい感じ、といった内容。・・・・この「Level 20 VT」は現在12,000円台の価格で販売中。LED類は何も備わっていないので光らせたい場合はすべて別途になりますが、ケース自体は名が挙がっていたCorsairの「Crystal 280X」(AA)より拡張性や自由度で優ってる印象。キューブ型を検討している人は有力な候補になるのではないかと。




Thermaltake LEVEL 20 VT
posted on 2019.02.15
Thermaltake
売り上げランキング: 50