【PCケース】Corsair 『Carbide 275R』 レビューチェック

Carbide_275R_13.jpg


2018年4月に発売されたCorsiarのPCケース「Carbide 275R」。
洗練された必要最小限かつシンプルなデザインにほぼ全面の強化ガラスサイドパネルを採用したミドルタワーのPCケース。カラーはブラック・ホワイトの2ラインナップあり。ちょっとチェックしてみます。

Carbide Series 275R ミッドタワーゲーミングケース
https://www.corsair.com/p/CC-9011130-WW




Banner_01.png



Carbide_275R_14.jpg



Carbide_275R_15.jpg



Carbide_275R_16.jpg



Carbide_275R_17.jpg



Carbide_275R_18.jpg



Carbide_275R_19.jpg



Carbide_275R_20.jpg



Carbide_275R_21.jpg



Carbide_275R_22.jpg



Carbide_275R_23.jpg



Carbide_275R_24.jpg
(via zol.com)





Banner_06.png


[#1]
アクリルor強化ガラスが選べるミドルタワー
CORSAIR「Carbide 275R」シリーズ国内発売
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0413/259211



[#2]
500Dよりもこっちの方がデザインましだな。
500Dはなんというか90年代のスパコンみたいな見た目がして
圧迫感酷かったし…。



[#3]
Corsairにしてはシンプルだな
エアフローが微妙か



[#4]
Corsair 275R フロントパネルの開け方
https://www.youtube.com/watch?v=gdwy254JN_Y

力入れないと外れないからパネルひん曲がってるね
5回目ぐらいの掃除時で割れそう



[#5]
Carbide 275R Whiteはイギリスの人がべた褒めしてたぞ
コルセアは値段に見合う製品なんかないけど
白い塗装だけは別だ・・・みたいな内容で



[#6]
275R誰も買ってないのかいな
フロントにラジエター設置できるしアリだと思うんだが



[#7]
570や460で組むと新作出ても物足りなさを感じるけど275Rはいいと思う



[#8]
275R、作りは悪くはないんだけど
フロントパネルとサイドガラスの扱い辛さは言わずもがな
フロント吸気ファン3基設置しても
排気ファン2基に引っ張り負ける(全部同じファン)
ガラスとケースの隙間が2mmくらいあるからめっちゃ埃吸いそう



[#9]
275Rガラス着脱に六角レンチが必要なのがダメすぎる



[#10]
H500i HDDに風当たらない
275R フロントに難あり



[#11]
275Rは下も風当たるけど(ってかカバーあってもそれが普通だが)
フロントがバキボキ系/ガラスとの隙間/六角レンチを要する
等の情報でヤレヤレだぜ



[#12]
UKでもアメリカでもH500と275Rが売れてるんだよな
日本の厳しめな評価と対照的



[#13]
275Rなんですがサイズ表記が見るところで違うんです。
高さだけで言えば、殆どの日本系サイト436.5㎜程度。
corsair.comでのPDFマニュアルや米Amazonは455mmでした。
実物持っている人に聞くか、店頭でみつけて実測するしかないですよね?



[#14]
>>#13
俺持ってるけど高さは45.5cm(455mm)
ちなみに436mmってのは下に付いてる
4つの足(インシュレーター)無しのケースのみの高さ
実際設置するインシュレーター付きの高さが455mmね






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:7+2、ドライブベイ:3.5/2.5インチx2・2.5インチx4、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out、搭載ファン:120mm x2(フロント/リア)、サイズ:幅211x奥行き446x高さ436.5mm、重量:8.56kg、水冷ラジエータ最大360mm対応、ビデオカード最大370mm対応、CPUクーラー全高170mm対応、ファン最大6基搭載可能、という仕様。

エアフローを飛躍的に向上させたDirect Airflow Path構造、拡張性が高く構築しやすいケースレイアウト、強化ガラスサイドパネル採用、カーブエッジデザイン&イルミネーションLED搭載のフロントパネル、マグネットフィルター(トップ)・ダストフィルター(フロント・ボトム)搭載、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ケースの作りは悪くないが欠点となりそうな部分がいくつかある(①フロントパネルが外しづらい、②サイドパネルの着脱は六角レンチが必要、③ガラスパネルとケースにわずかな隙間がある)、日本での反響はイマイチだが海外での評価は高い、ホワイトの塗装は上出来、といった内容。

この「Carbide 275R」は現在9,000円台の価格で販売中。デザインも構造もトレンドを集結した感じのモデルですが、上記の欠点が意外に大きなネックとなっているのか思っていたほど注目されておらず・・・・。あと、日本ではディスプレイ系より静音系の方が注目される傾向もあるので、最近出た「Carbide 275Q」(AA)は違った反響が見られるかもしれません。




Corsair
売り上げランキング: 223