【マウス】Corsair 『M65 RGB ELITE』 画像など

M65_RGB_ELITE_01b.jpg


海外で発売されているCorsairのマウス「M65 RGB ELITE」。
M65 PRO RGB」の後継機でありM60系の最新版となるゲーミングマウス。従来の形状や特徴を維持しながらも軽量化を実現し、主要パーツは「IRONCLAW RGB」と同じものを使っているモデルですが、ちょっと見てみます。

M65 RGB ELITE チューニング可能 FPS ゲーミングマウス
https://www.corsair.com/ja/ja/p/CH-9309011-AP





M65_RGB_ELITE_02b.jpg



M65_RGB_ELITE_03b.jpg



M65_RGB_ELITE_04b.jpg



M65_RGB_ELITE_05b.jpg



M65_RGB_ELITE_06.jpg



M65_RGB_ELITE_07.jpg



M65_RGB_ELITE_08.jpg



M65_RGB_ELITE_09.jpg



M65_RGB_ELITE_10.jpg



M65_RGB_ELITE_11.jpg



M65_RGB_ELITE_12.jpg
(via cooln)

センサー:光学式、解像度:100-18000DPI、ポーリングレート:1000Hz、ボタン数:8、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅76x奥行き116x高さ39mm、重量:約97g、という仕様。解像度:18000dpiの光学式センサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、陽極酸化アルミフレーム採用、スナイパーボタンを含むプログラム可能な8ボタン、RGB LED搭載、オンボードメモリ内蔵、LEDの同期設定やマウスパッドのキャリブレーションが可能な統合ソフトウェア・iCUE、ブラック・ホワイトのカラーラインナップ、などが特徴。北米での価格は59.99ドル。・・・・

既に挙がっていたレポートによれば、センサーはIRONCLAW RGBと同じ独自カスタムの”PixArt PMW3391”、マイクロスイッチはオムロンのD2FC-F-7N(50M)、実重量は錘なしで約99g(錘は7g×3)、とのこと。また、実機を見るに形状は従来とあまり変わっていないけれども、サイドのパネルは左右とも異なる作りになっており、各ボタンの位置や大きさも若干変わっている模様。なのでこのシリーズのユーザーはそのあたりに違和感をおぼえるかもしれませんが、FPS向けを名乗っていながら前作でも重量が115gだった事を考えると、100gを切っているのは大きなポイントですね。




Corsair M65 RGB ELITE
posted on 2019.02.08
Corsair
売り上げランキング: