【レシーバー】TRN 『TRN BT20』 レビューチェック

TRN_BT20_09.jpg


海外で発売されているTRNのレシーバー「TRN BT20」。
現時点で珍しいというかオンリーワンの存在になるであろう完全ワイヤレス型のBluetoothレシーバー。コネクタはMMCX/2pin(0.75mm)/2pin(0.78mm)の3種類が用意されている模様。ちょっとチェックしてみます。

Aliexpress.com: TRN BT20 Bluetooth V5.0 耳フックコネクタイヤホン
https://ja.aliexpress.com/item//32956599247.html




Banner_01.png



TRN_BT20_10.jpg



TRN_BT20_11.jpg



TRN_BT20_13.jpg



TRN_BT20_14.jpg



TRN_BT20_15.jpg



TRN_BT20_16.jpg



TRN_BT20_17.jpg



TRN_BT20_18.jpg



TRN_BT20_19.jpg



TRN_BT20_20.jpg



TRN_BT20_21.jpg



TRN_BT20_22.jpg



TRN_BT20_24.jpg



TRN_BT20_25.jpg
(via zmsgfc)





Banner_06.png


[#1]
TRN BT20っていう完全ワイヤレスのアダプタがあるんだな
見た目が完全に黒い補聴器



[#2]
これはMMCX/2PINコネクタを持つイヤホンなら
どれでもTWS化できる製品なのかな
いいね



[#3]
TRN BT20来たので早速AS06くっつけて使ってみた
少し音が柔らかくなるがAS06で曲により刺さりっぽかった所が消えて好感触
KZ aptみたいに切れやすい所もないし何よりケーブルがないという事だけで
こんなに使い勝手が良くなるとは

音質的には特に刺さりもしくは刺さりっぽさが気になる
イヤホンとの組み合わせでは中々良いかも
低音はAS06ぐらいなら十分出てくれる



[#4]
zsnでBluetooth使いたいんだけどiPhoneなんですよね。
AAC対応の互換ケーブルってあります?



[#5]
>>#4
コストが許せるなら分離型のBT20かな。
zsnは0.75タイプだけど0.78でも挿せるよ。



[#6]
>>#5
価格的には許せますが補聴器っぽいですね



[#7]
>>#6
まぁバッテリー部分は耳裏行くから
見た目はそんなに気にならないと思われ



[#8]
BT20が今日届いた
ちゃんとしたイヤホンさえ使えば
今出ているハイエンドTWSより音質はずっと上だと感じた
ホワイトノイズはまぁまぁ発生するから
人によっては結構気になるかも

大まかに言うとTRNから出ているBT3をそのままTWS化しただけ
BT3の音質に不満がある人は、手を出してはいけない

バッテリーの持ちは分からんけど
ほかの人のレビューだと5~6時間持つんだっけ?
非常に惜しい印象、もっと向上できる余地は十分あるが
現状でもいくらかの需要はあるだろうな



[#9]
1.Bluetoothの電波強度
都内ターミナル駅ではまだ試せてないけど
通勤帰宅ラッシュの私鉄や地下鉄では1度も途切れたことはない
いわゆる市販のTWSよりも電波強度は強そう

2.バッテリー持ち
大体2~3時間程度使って、半分ほど消費していた
通勤程度であれば1日以上は十分に持つ

3.音質
前にも報告したけど、TRNのBT3と同程度
SBCとAACにも対応してるんだっけ?AptX以上には未対応
音質は少しだけ音が痩せて聞こえる気がする程度
お気に入り有線イヤホンのTWS化に期待している人は少し注意
逆に市販TWSの音質に満足できず、音質を向上させたい人には十分な音質かと
自分は後者なので音質については満足できた
ホワイトノイズが少し乗るので、気になる人はいるだろう

4.製品の品質
この商品最大の問題点は間違いなくココで、人柱の覚悟が必要
マジですぐにボタンがつぶれて使い物にならなくなる
自分は再配送してもらったので2ペア4個もっているが
そのうち3個がボタンつぶれたが、試行錯誤して原因も特定できた
・基板が筐体にうまくはまってない
・なので充電するためMicroUSBを挿すと基板が奥に少しずれる
・すると基盤とボタン接点がずれるため、一時的にボタンがつぶれる
・MicroUSBを抜く際に、少しUSB端子をひっかけるようにしながら手前に抜くと
 基板のずれが戻るので、ボタンのズレも直る
・BT20筐体についてるMicroUSBカバーをはめただけで
 基板がずれてボタンがつぶれるので注意



[#10]
音質については、市販TWS以上であればよいという人向け
無線化したイヤホンのポテンシャルを
最大限引き出したいという人には向かないかもしれない
自分はSBCやAACでも音質が悪いとは思わないので
音質については満足できた

また製品品質がとても低いので
それが嫌な人はマジで買ってはいけない
自分は工夫の結果だけど満足できた

あと、Pin0.75mmでも結構太い
お気に入りのRE2000に挿そうとしたら結構キツキツでした



[#11]
コーデックはAAC/SBC両方選べるよ。
あとAliではaptx非対応と書いてある。
TRN_BT20_26.jpg TRN_BT20_27.jpg



[#12]
ウチのBT20は3つとも元気だよ(mmcx/0.75mm/0.78mm)
書いてある様な筐体のガタも無い。
出た瞬間買ったからまだプラ型が劣化してなかったのかも。
0.75/0.78はホント違い無し。
マーキングしておかないとどっちだか解らなくなる。



[#13]
anazonのbt20届いたからzs10つけたけど
普通に再生はできたし音も不満はないけど
初回の充電するのが恐い



[#14]
HCKから買って1週間程前に来たけど
ボタンが潰れるとか筐体にガタとかも一切無い
綺麗なもんだよ
ボタンがなぜそんなに潰れるのか力の入れ過ぎって事はないかな

問題があるとすればマニュアルの文字が小さすぎる事
蟻のbt20の製品説明の方しか見てないが全然困ってない
快調に使ってる

ボタン操作は常にイヤホンを耳に装着した状態でやってる
爪で押すとかも全くやってないのでそのくらいの力しかかかってない
一週間程毎日通勤電車の中や昼休み、家の中で使う事もあるがトラブルなし



[#15]
昨日買ったTRN BT20があまりに楽しくて
ついつい木綿紐なしもRHA紐なしもしばらく放置してしまいそうだ



[#16]
TRN BT20 電車移動含む外出での利用4時間目突入
絶対にどのワイヤレスイヤホンも途切れる新宿東南口付近や
品川の中央改札付近で全く切れることなく通過
これは快適過ぎる






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、連続再生時間:約6時間、スタンバイ時間:約180時間、充電時間:約2時間、という仕様。ユニットが耳裏に位置する形のイヤーフックデザイン、電源ON/OFF・再生/一時停止・曲スキップ・電話応答が可能な操作ボタン、3ラインナップのコネクタ、などが特徴。充電はユニットに備わるMicroUSBで左右それぞれ充電する形式。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は組み合わせるイヤホンにもよるが市販の完全ワイヤレスイヤホンよりいいかもしれない、コーデックはAAC/SBC、接続の安定性は意外にもかなり良くて途切れる事が滅多にない、バッテリーは公称くらい持つ、品質面で個体差がありそう(初期ロット品は特に質が低い?)、といった内容。

この「TRN BT20」は海外だと28ドル前後、並行輸入品だと4,000円台の価格で販売中。品質に関しては販売を一度止めていた期間があったので、もしかしたら改善されているかもしれない。いずれにせよリケーブル可能なイヤホンを完全ワイヤレス化したい場合は現状これのみ、リスクはあるかもしれませんが評価的に試す価値も十分ありそうです。




TRN BT20
posted on 2019.01.15
TRN
売り上げランキング: 150