ASUS、スイッチ交換可能なワイヤレスゲーミングマウス『ROG Strix Carry』

ROG_Strix_Carry_01.jpg


海外で見かけたASUSのマウス「ROG Strix Carry」。
先日のイベントに出展されていた新型のワイヤレスゲーミングマウス。「ROG Gladius II Origin」などで採用されていたマイクロスイッチが交換可能な特殊構造、これもそれを大きな特徴の一つとしています。

Keyboards & Mice | ROG - Republic of Gamers Global
https://rog.asus.com/articles/gaming-keyboards-gaming-mice/





ROG_Strix_Carry_02.jpg



ROG_Strix_Carry_03.jpg



ROG_Strix_Carry_04.jpg



ROG_Strix_Carry_05.jpg



ROG_Strix_Carry_06.jpg



ROG_Strix_Carry_07.jpg


2.4GHz/Bluetooth両対応の通信方式、Pixart PMW3330の光学センサー採用、マイクロスイッチの交換が簡単にできるプッシュフィットスイッチソケット採用、2種類のオムロン製マイクロスイッチ付属、プログラム可能な6ボタン搭載、マグネット着脱式のトップカバー、オンボードメモリ内蔵、バッテリー:単三電池2本、電池寿命:約200時間(2.4GHz)/300時間(Bluetooth)、サイズ:幅64x奥行き101x高さ36mm、重量:120g(電池込み)、公開されていた主な仕様・特徴は以上。発売予定は2019年4月以降とのこと、価格は不明。・・・・Razerの「Razer Atheris」(AA)あたりとコンセプトが共通していそうなモデルで、ゲーミングマウスとしても一応使えるモバイルタイプという印象。そういうものにマイクロスイッチ交換のギミックを載せるのは何か過剰な気もしますが、現状ではROGとDucky Channelしか採用していないので強調材料になるかと言えばなるでしょうか。ただ、ここの製品がやけに重いのはそれが影響しているのではないかと思ったりします。
<関連記事>【マウス】ASUS 『ROG Strix Carry』 画像など




ASUSTek
売り上げランキング: