【イヤホン】NUARL 『NT01AX』 レビューチェック

NT01AX_01.jpg


2018年12月に発売されたNUARLのイヤホン「NT01AX」。
NT01」の強化版と言える完全ワイヤレスイヤホンで、Qualcommの最新Bluetoothチップ・QCC3026採用やTrueWireless Stereo Plus対応、それに長時間再生の実現を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

NT01AX | NUARL
https://nuarl.com/nt01ax/



画像


NT01AX_02.jpg



NT01AX_03.jpg



NT01AX_04.jpg



NT01AX_05.jpg



NT01AX_06.jpg




各所の反応


[#1]
NUARL、音切れに強い左右分離型HDSSイヤフォン
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1153851.html



[#2]
とりあえず今から検討するなら
nuarlの新チップ待ってRHAと択れば良い感じかね?



[#3]
Nuarlのnt01ax、ケースの端子Type-cじゃないやんけ
QCC3026積んでるなかではよさげだったのに



[#4]
NT01AX製品ページにとんでもない一文あるの見逃してた
「2018年12月現在、Android 9搭載端末では使用できません。」

現行機種だとアプリ無いからファームウェアアップできんし
どうやって対応さすんだ・・・
まさかOS側のバージョンアップに期待するしかないのかな・・・



[#5]
NUARLのNT01AX買ってきた。
公式で9.0非対応だけど、Pixel3XL(9.0)で問題なく再生できた。
11時ぐらいから2時間ほどぶっ続けで音楽聞いてるけど、今のところ大丈夫。
LINEだけど通話も問題なかったし、片耳ずつでも音楽聞けた。

9.0非対応はAVIOTのもそうだけど、国内産Androidの9.0がだめで
PixelやEssentialPhoneとかなら再生できる報告ありますし。



[#6]
>>#5
もしよければ教えてほしい。
・音量調節とかGoogleアシスタントとかも問題なく使えてる?
・コーデックはapt-xでいけてる?



[#7]
>>#6
音量調節はイヤホンのボタンのことだよね?
今確認したけど、上げ下げ両方きちんと反応した。
アシスタントはボタンでの起動なら確認できました
コーデックはシステム設定のでいいのかな?
表示上はaptXで繋がってます



[#8]
nt01ax音質どうかね?



[#9]
>>#8
色々なイヤホンで聞いていないので、音に関しては素人ですが
「AirPods」「Bose Sound Sport Free」「Anker Liberty+」
「EARIN M-2」「NUARL NT01AX」
と聴いてきた中では一番クリアな感じです。低音は少ないのかも?

装着感もしっかりした感じで、外れそうな感じは今のところなし。
現在も所持中で言うのもあれですが
M-2みたいに偏りがないのが一番ありがたいです



[#10]
nt01axゲット
Pixel3側にバッテリー残量がでないな
他は問題なさそう

すまん、接続し直したら残量でたわ



[#11]
時間あるときにNT01AXが9.0で繋がるか試してくるわ
ちなXperia XZ3



[#12]
>>#11
公式のfaqで名指しで×になってる



[#13]
NT01axとNT01比較してきた
めちゃくちゃ変わるってほどではないけど高音低音は良くなってる
音質傾向は一緒
APTXだとスマホを本体に近づけてもブツブツ切れてちょっと不安だった
見た目はすごいテカっててカナブンぽい



[#14]
nt01ax、終電ちょい前の山手線(東京駅~上野駅)で
ぎゅうぎゅうの満員電車(隣の人との距離が10cmとか)
途切れゼロだったわ

バッテリーはちょくちょく充電しちゃってるから
何時間持つか分からんけど、apt-xで1h15%くらい減ってる感じ



[#15]
NT01AX、aptXで15%/hなら6時間40分でしょ
公称7時間ならかなり正確なほうだよね
10時間はSBC/AACの話だし



[#16]
引っ掛け無いと耳からポロポロ落ちるマンだけどNT01AXはダメだった
あれのツノ耳に引っ掛けるわけじゃないんだね…



[#17]
>>#16
個人的には下側も出っ張っててくれたら良かった
だんだん尻側が滑り出て上から見てハの字になってくるイメージ



[#18]
nt01axボタンが柔らかいから
位置を調整してたら誤操作してしまいやすいのが惜しい



[#19]
nt01axも音はいいんだけど
なんかフィット感がいまいちだったわ



[#20]
ポタフェスでNuralブースの人が
うちのNT01AXはXperiaと相性悪いですと言ってたよ
自分がその時持って行ってたのはPixel3で
それは全く問題なくつながってたけど



[#21]
>>#20
Nuarlの人とはオレも話したけど、それはAndroid 9.0の一部機種
9.0のXZ2/XZ3の他、Zenfoneも不具合出てるから
Xperiaだけの問題じゃないよ



[#22]
NT01AXのエージング終わって数曲試聴中
最近のイヤホンってすごいんだね
骨とう品扱いされると思うけど
SBH80とはあまりにも違いすぎてびびった



[#23]
相性問題の出やすいGalaxyでも、新チップのNuarlとaviotは
Eイヤで視聴した限りですが全然切れないっすね。



[#24]
NUARLのNT01AX届きました
AVIOTのTE-D01bとも悩んだけど
オーディオメーカーとしての信頼感と
レビューの比較でNUARLにしました

SonyのMDR-EX650をずっと使っていて初のワイヤレスイヤホンでしたが
有線と謙遜なく上から下までしっかり音が出てると思います
低音がバリバリ出るタイプではないので繊細な感じです



[#25]
NT01AX、大きそうに見えるけどそんなでもない?



[#26]
>>#25
内側の耳に当たる部分は小さい
特に耳の形に合わせたわけでもない四角い箱だから
フィット感は良くも悪くもない



[#27]
15000前後でおすすめのトゥルーワイヤレスイヤホンとかあれば
教えて頂けないでしょうか?



[#28]
>>#27
GLiDECのTW7000かヌアールAXのどちらかならハズレはない
TW7000はスッキリと上下に音域が伸びてスマートな美人型の音
ヌアールAXは少し厚みと艶があるグラマラスな音



[#29]
ヌアールの新しいのはNT01の正常進化系で
いろんなところに余裕がある感じ



[#30]
ヌアール新製品は1月に出てくるアプリで
ファームウェアのアップデートが出来るようになる
新チップ組は割安な売り切り型ばかりだったが、唯一の存在



[#31]
NT01AXすげえな
都内の朝通勤ラッシュでも全然音飛びしない
音質も今まで聴こえなかった音が聴こえてくる感じが好き



[#32]
NT01AXとTW-7000ならどっちが音良い?
両方とも再生中にLED点滅する?



[#33]
>>#32
レベルは同等だけど少し傾向が違うから好みの問題

NT01AXは音場が横に広がって全体に響きが乗ってリッチな感じ
ボーカル聴くには横の楽器がちょっとかぶってくる
リズム楽器聴くならこっち

TW7000は音場が奥に広がってスッキリとした感じ
ボーカルはセンターにピシッと定位して聴こえる
楽器は前に出てこない ボーカル聴くならこっち
どっちも買って損はないよ



[#34]
>>#33
ちなみになんだけど
使ってみて快適性が高いのはどっちだった?



[#35]
>>#34
耳への納まりの良さと快適さは圧倒的にTW7000
何時間聴いていても耳が痛くならないし
ジムで使っても落ちそうな不安感がない

N01AXは出っ張るし
イヤーサポートが役立ってるかどうか当てにならない



[#36]
TW-7000と迷って、NT01AX選んだけど
今のところ満足してる。こっちも装着感悪くないし



[#37]
NUARLの01ax買ってきた
俺には十分な音質だった
イヤピは変えてP20liteでapt-xで繋いどる

air-xも試したけど質感とか見た目の渋さで選んでみた
初TWS嬉しい



[#38]
>>#37
俺もこれで満足
俺みたいな普通の耳には充分だ



[#39]
nu01ax、音質が良すぎる
ゼンハの好きな質感の温もりのある音が出てる
ややドンシャリだが
この温もりはゼンハヘドホンに近いものがあるわ
今日視聴して即ポチったった、やっとTWS



[#40]
ヌアールの新しいの
視聴した限りでは高域の解像度高くて
低域もボワボワじゃなくしっかり出てて良かったよ
個人的には他社に比べて音量上げてテストしても
歪まないのが好印象






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Qualcommの最新Bluetoothチップ・QCC3026採用、接続の安定性を実現する独自のMCAテクノロジー、左右間のさらなる安定性を実現するTrueWireless Stereo Plus対応、グラフェン振動板を採用したダイナミックドライバー、歪みを抑えクリアなサウンドを実現する独自技術・HDSS、Qualcomm Kalimba DSPを駆使した音質チューニング、長時間再生を実現するロールスワッピング機能、音量調整・曲スキップを含む一通りの操作可能、IPX4の防水設計、約2.5回分の充電が可能&高速充電対応のバッテリーケース、満充電になると自動的に作動するスリープモード、ケースを開けるだけで自動的に電源が入る自動再接続機能、イヤーピース3セット・SpinFitイヤーピース3セット・イヤーループ2セット・ポーチ付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音控えめのクリアなサウンド、NT01と比べて劇的にではないが音は良くなっている、接続の安定性は場所を問わず優秀、実動の再生時間は公称より少し短い程度、装着感の良し悪しは人によって分かれる、Android 9端末では現時点で使えないと公言しているが機種によっては使える、ファームウェア更新は後々できるとのこと、競合機との優劣は好み次第になりそう、といった内容。その競合機として名が挙がっていたGLIDiCの「Sound Air TW-7000」(AA)も高い評価を得ていましたし、確かにどちらを選んでも失敗だったという事はなさそうな印象。それにしてもここ数ヶ月で飛躍的に進化した国産品が次々に出てきて驚愕ものですね。「NT01AX」は現在19,000円台の価格で販売されています。




NUARL
売り上げランキング: 1676