【イヤホン】GLIDiC 『Sound Air TW-7000』 レビューチェック

Sound_Air_TW-7000_01.jpg


2018年12月に発売されたGLIDiCのイヤホン「Sound Air TW-7000」。
Sound Air TW-5000」に次ぐSoftBank SELECTIONオーディオブランドの完全ワイヤレスイヤホンで、約9時間再生のロングバッテリーや急速充電”Fast Charge”対応などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

GLIDiC Sound Air TW-7000の紹介|ソフトバンクセレクション
https://www.softbankselection.jp/products/ProductDetail.aspx?sku=4580152975945





Banner_01.png



Sound_Air_TW-7000_02.jpg



Sound_Air_TW-7000_03.jpg



Sound_Air_TW-7000_04.jpg



Sound_Air_TW-7000_05.jpg



Sound_Air_TW-7000_06.jpg



Sound_Air_TW-7000_07.jpg
(via Twitter)





Banner_03.png


GLIDiC、9時間動作する完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」 - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/news/d-av/201811/15/45678.html

GLIDiCの完全ワイヤレス「TW-7000」レビュー - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/201812/21/3296.html

GLIDiCの完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」の実力検証|@DIME
https://dime.jp/genre/640721/

【レビュー】GLIDiC Sound Air TW-7000 | エルパの盤上この一手
https://www.elppar.com/review/glidic/sound-air-tw-7000

GLIDiC Sound Air TW-7000は使い勝手抜群の完全ワイヤレスイヤホン! - 僕は猫だった
https://www.goodgoodlife.xyz/entry/GLIDiC-Sound-Air-TW-7000

初めての完全ワイヤレスイヤホン、TW-7000を買いました!|語る。
https://hiraran.blogspot.com/2018/12/tw-7000.html

GLIDiC Sound Air TW-7000 - 食パンと、ロードバイクとエとセとラ
https://blog.goo.ne.jp/hyper-moke/e/1565d4f601851392a66a48de8e432b04




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約9時間、充電時間:約1時間、ドライバー:5.6mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20Hz - 20kHz、インピーダンス:16Ω、音圧感度:90dB/mW、重量:約6.5g、という仕様。カナルワークス監修のフィット感を追求した独自形状、装着したまま外音を取り込めるMulti-communication Mode、10分充電で2時間再生できる急速充電・Fast Charge対応、ケースからの出し入れで電源ON/OFFできる自動ペアリング機能、約16時間分の充電が可能なバッテリーケース、マルチペアリング対応、イヤーピース4セット付属、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「音質はクリアで明瞭かつ低音に締まりがあるサウンド、価格的に下のクラスとは明確な差を感じる」「接続の安定性は優秀、干渉しやすい場所でも途切れなかった」「操作は一通りできて使いづらいという事もない」「Multi-communication Modeは非常に優秀と言えるレベル、聞き取りやすい」「装着感は独自形状のせいか合う合わないがはっきり分かれそう」「使い勝手を重視していながら性能は基準を満たしている、価格的にも満足度の高い完全ワイヤレスイヤホン」といった内容。





Banner_06.png


[#1]
オーディオブランド「GLIDiC」、ワイヤレスイヤホン3製品を新発売
https://www.softbank.jp/corp/group/sbcas/news/press/2018/20181115_01/



[#2]
デカいなぁ…QCC3026搭載ではないのかな
音量調整は可能みたいだ
ボタンがサイドに有るのは良いね
残念ながら、再生中は4秒間隔でゆっくり点滅するらしい
ケースにマグネットは無いっぽい



[#3]
aptx非対応だからQCC3026ではないね
今までのやつに外音取込みついた感じかな



[#4]
むしろ外音取り込みにも対応したTW7000興味ある



[#5]
TW-7000買おうと思ってたけど
試聴した人の感想で低音が強いってのを見て
音が籠り系なのかなと思って躊躇してる



[#6]
>>#5
TW7000はAir-Xに比べたら低音少ないしバランスがいい
65tほどは音の輪郭をかっちり出さないけど
ボーカルがこもるという事は無いよ



[#7]
GLiDECのTW7000かヌアールAXのどちらかならハズレはない
TW7000はスッキリと上下に音域が伸びてスマートな美人型の音



[#8]
GLIDECの新作は衝撃的に良かった
音に変な味付けを感じないし音が澄みきっていて
解像度高く定位もピシッとしている
低音ズンドコ好き以外なら気に入るはず
なんか3026よりこっちのチップのほうがいいんじゃないか?
あれ程の音が出せるならaptXなんかどうでもよくなる

監修はカナルワークスなので耳にピッタリはまり込んでフィット感高い
qdcネプチューンの黒みたいな感じでかっこいいよ
ケースは地味なつや消しで高級感無いけどスリムで軽くて使い勝手良さそう

同じフロアのRHAとradiusは切れまくりだけど、この機種は安定していた
左右間はBTだから手で覆うと途切れるけど普通にしていれば問題なし
親子間も問題なし



[#9]
同じく
TW7000の音質、フィット感、ケースの使い勝手は素晴らしいと思った
アップデートできれば言うことなし



[#10]
新製品を手にして浮かれてる気持ちは出来るだけ排除して
変なバイアスかけず可能な限りフラットに評価したいと思うんだが
TW-7000、良いですホント
以下、音質詳しく語れる程の耳でもないが簡単に

・定位がしっかりしてるせいか、各音が混ざって濁った感じがしない
・高音/低音どちらが強い/弱い訳でも無い良バランス
 刺さる感じも殆ど無し
・ホワイトノイズは殆ど聴こえない

・まだ外で使ってないので真価は分からないが
 接続は相当安定してると思われる
 他のTWSより離れても切れない
 母艦から10m離れて両耳覆っても左右共に切れない(!)

・遅延についてはAACの方がSBCより大きく感じた
 泥機だからかも?
 AACは動画/ゲーム共に厳しそう、SBCは許容出来るレベル

・操作音は音声ガイダンスではなく落ち着いた感じのビープ音
・ボタン押下からのレスポンスは速い方

・ケースから出して再接続が速い
・フタ/本体共にマグネット有り

あまり好きな言い回しではないけど、かなり「コスパ高い」と思う



[#11]
>>#10
可能なら外音取り込みについてもレビューしてもらえるとうれしい



[#12]
>>#11
ちょうどヒアスルー試してた 左側のボタン一回でON/OFF出来て楽
ノイズは結構聴こえるが、会話程度なら問題無いと思う

手持ちではBragi The Headphoneの同機能の方が聴こえ方は自然かな
あっちはあっちで風切り音が凄いけど



[#13]
TW-7000、ケースの作りも考えられてるな
どう置いてもスッと正しい位置に誘導されて収まる
充電失敗も今の所は皆無
そんなに強いマグネットじゃないけど、配置が巧妙なのかね
M-2みたいに所有欲満たす様な凝った感じは無いが、必要充分



[#14]
TW7000と65tでTWが勝るのは、装着の快適さ、電池持ち、値段かな
音質はTWの方が自然だけど好みの範疇
ケースも好み次第でマグネット無しの65tでも困らなかった

半年前に65tがTWSの標準レベルを一気に引き上げたのを
一つ下の価格帯のTW7000が塗り替えてる感じだけど
ファームアップデートが欲しかった



[#15]
連続稼働時間、実測8時間超えたが
まだ残り20% これだけ使えりゃ充分だな
例えヘタっても並みの機種よりまだ動くだろう



[#16]
>>#15
外音取り込みもそこそこ使えそうですね
稼働時間も8時間越えで14Kは安いかも



[#17]
>>#16
この機種のヒアスルーはもしかしたら
人の話し声に合わせてチューニングされてるのかも知れない
ノイズは確かに他の機種より目立つ感じがするんだけど
声の聞き取り易さは上かも

その後、8時間15分でバッテリ切れ
SBCだともう少し短くなるのかな?
公称までは行かずとも、かなり頑張ってくれた

XCは泥8なんでAAC対応
泥機のAACは色々トラブル報告もあるけど
TW-7000とは普通に安定してるね
手放した65tだと切れる距離でも切れないし
親機側を手で覆っても切れない



[#18]
しかしコレ、接続の安定性は大したものだと思う
稼働中のレンジ前で音飛びしなかったのは
今まで手にして来たBT機で初めてかも知れない
新チップでもないのに、どういう工夫してるんだ…?
アンテナ配置が余程良いのかな



[#19]
TW-7000
2日間ほど移動中ずっと使用してみたが
接続メチャクチャ安定してた



[#20]
初完全ワイヤレスイヤホンをどれにするか迷う
TE-D01bかNT01AXかTW-7000か
全部試聴してぇ



[#21]
>>#20
3つとも半年前なら3万出しても手に入らなかった高いレベルだから
損は無いけど個性が違うから聞いて選んだほうが良いよ
TW7000はスッキリと澄んで定位もはっきりスピード感有り



[#22]
あーやっぱりtw-7000欲しい
ランニング使用で防水なしで壊れた事ないけどリスク高いかなー



[#23]
>>#22
IPX等級を取ってないけど雨の中を走ったり
シャワーあびるんじゃなければ大丈夫だとポタフェスで言われた



[#24]
TW7000をようやく買いに行けた
やっぱり良いね
音場感に奥行きがあって低音がボワつかないスッキリした音
定位もピシッとしてる
イヤピもいろんなのが使えて遊べる
付属のも耳馴染みがいいけどCP100Zが瑞々しくフレッシュな感じでいい
それにしても電池、持つね



[#25]
TW-7000
個人的な不満点はヒアスルーの音質が余り良くない事くらい



[#26]
TW-7000を購入した人に聞きたいんだけど
5000と比べると音切れはだいぶ改善された感じ?



[#27]
>>#27
恐ろしく安定してるよ
TW-5000は使った事が無いが比べるべくも無いと思う



[#28]
TW7000通信安定性すごいな
秋葉駅前では左右間が一度ふらついただけ
クリスマスイブで家族が電子レンジ使いまくってる部屋でも
全く切れないしノイズも入らない
電話の声もよく聞こえる
音楽の音質も電池持ちもトップクラスなので大満足



[#29]
TW7000は音場が奥に広がってスッキリとした感じ
ボーカルはセンターにピシッと定位して聴こえる
楽器は前に出てこない
ボーカル聴くならこれ
耳への納まりの良さと快適さも圧倒的



[#30]
TW7000装着感良さげだけど枕で横になっても痛くない?



[#31]
>>#30
耳ヘの納まりはいいけど厚みは有線の多ドラ機並にあるから
「横向きは低反発枕ならどうにか」という感じ
でも横向いて気にならないのはM2くらいだけどね



[#32]
値段は2倍違うが
アンカーの新しいairよりtw7000のほうがバランスいいな。



[#33]
TW-7000が届いたので使ってみたが
自分の耳にはどうも装着時のスワリがよくない
エリスポのように耳介内壁に引っ掛かる構造を持たないため
着けてて不意に脱落しそうとまでは思わんけど
何かが耳周りに軽く当たっただけでポロっと外れそうな印象



[#34]
TW-7000、実際に何時間もつかはまだ試してないが
日に5時間程度の使い方だとケースのバッテリーがなかなか減らんので
ケースの充電頻度が激減するな



[#35]
>>#34
AAC接続時、実測で8時間15分だった
公称には及ばないが大したもんだよ



[#36]
TW7000届いたわ
今まで中華のパチもん使ってたからぜんぜん違うな
変な音しないし切れないし悪くない
グーグルアシスタントにもちゃんと反応してくれているね
今ん所不満点はボタンが押しにくいってことくらいかな



[#37]
TW7000今日届いたけどめっちゃ良いわ
使いやすさを考えられてる



[#38]
確かに7000のフィット感は俺の歴代で最高だった
(カスタム除く)



[#39]
TW-7000
ケースの質とコンパクトさ、イヤホン本体の電池の持ちはとても良い
音は言うほど良くもない、音悪いってわけでもないが
値段も安さを売りにできるほど安いわけでもなく微妙



[#40]
TW-7000のケース、材質はプラで特に高級感は全くないが
フタの開閉の具合、イヤホンの収納などがしっかりしていて好感度が高い
デザインだけ見てるとケースはコンパクトに見えないかも知れないが
実物はかなりコンパクトで良い



[#41]
TW7000はやや中低音に振った音か。
音場はそんなに広くない感じ。



[#42]
TW7000の接続安定性は最高レベルだよ
切れる名所の品川駅でもこれまで最優秀のM2より切れない
音はスッキリ系とズンドコ系で好みの差



[#43]
tw-7000お持ち帰りして少し使ってみた
母艦はiPhone Xs

音質は良くも悪くも普通
リバプラやBEfree5と比べると強調されてる音域もなく聴きやすい印象

装着感はめちゃくちゃ良好
試聴したTWSの中でもピカイチ
イヤピもspinfitCP100(Z)やスパラルドットが
ケースと干渉せず使えるのでフィッティングにも悩まされないと思う

接続性は家電量販店でも良好
手で軽く覆う程度なら途切れないが筐体に手のひらを当てると左が途切れる
自分の環境だけかもしれないけどたまに音量が安定しない事があった
(ビットレート変わってるのかな?わからん)

ボタンが前に付いていて押しにくい上にクリック感が強く
ダブルクリックでの音量の上げ下げが少しやり辛い
上か下に付いてたら良かったなと思った

総じてU15000なら候補に入って良いイヤホンかなと
QCC3026が普及する頃に他のメーカーも搭載した上位機種出てるだろうし
繋ぎとしてもオススメ



[#44]
7000を買ったけど
キレにくさ、装着の安定感、音質で7000オンリーになった。



[#45]
TW-7000買った人いない?音質的にはどう?
フィット感は良さそうだけど



[#46]
>>#45
フィット感は快適
何時間付けていても耳が痛くならない

音はスッキリくっきり系で
ボーカルが楽器に埋もれる事なくセンターにピシッと定位
音場は横ではなく奥に展開するタイプで
楽器が重なっても奥行きの違いで鳴らし分ける

低音は横広がりに量が出るのではなく、締まって下に伸びる
中音=ボーカルははっきりしてるがサ行はギリギリで刺さらない
高音はそれほど伸びないが心地よい

全体には硬質だがバランスよく
3万円クラスの最新TWSと比べても互角の音質
イヤピは20種を試した結果、CP100Zを薦める



[#47]
長年愛用してきたネックバンド式のイヤホンなくしたショックで
ここ見てTW-7000ポチッてしまった
尼で昨日ポチって今日届いたのでまだ使い始めたばかり

完全ワイヤレスイヤホンは初めて
1万円超えのイヤホンも初めて
こんなにいいものがあったのかーと感動している



[#48]
>>#47
自分も使い始めたばかりだけどボタンが少し使いづらい
特に左の音量ボタン下げるのがやりづらい
停止再生、早送り巻き戻し、外部音声オンはやりやすいけど
音質は文句なし
ただ個人的にはもう少しサイズ小さくは出来ないのかなと思う



[#49]
TW7000とJBL FREE Xで迷ってんだが、どっちがいいんだ?



[#50]
>>#49
JBL Free xもサイズが小さくて見た目も凄くいいけど
tw7000のデザインが好みなのと
バッテリー持ちが9時間なのが魅力的で選んだね
急速充電も10分で2時間再生なのもいい
JBLは15分で1時間だからね



[#51]
w7000は音量上げる下げするのがちょっとやりづらい個人的に
あとは満足かな



[#52]
RHAはPC接続時左だけ接続されないこと良くあるけどtw7000は無いな。
PC接続メインならtw7000はRHAより音質が若干悪いけどお勧めかも。
装着感はtw7000の方がやや良い気がするけど。
説明書もRHAは不親切だけどtw7000は素晴らしい。
音質に拘らないならストレスなく使えてコスパも良い
tw7000が入門機と良いかも。



[#53]
TW7000の電池残量が80%になったところで
ケースに10分間入れたら残量100%になった
魔法みたいだけどいつでもフル充電で使えるのは安心この上ない



[#54]
TW-7000買ってみたけどやっぱり音は大したことないな
ただゲーム用としてはバッテリー持ち含めて文句なく満足



[#55]
>>#54
ゲーム用として満足ってどういうとこが?



[#56]
>>#55
ペアリング速度、途切れにくさ、装着感
といった基本がしっかりしてるところ
あと個人的にサブのは充電忘れることが多いから急速充電もありがたい
音ゲーはやらないから遅延についてはノーコメントで

ちなみにTW-7000の他にE8、M-2、65tも持ってるけど
音質面ではどれもギリギリ及第点レベルで大差なく
特にTW-7000が劣ってるとは思わない
むしろ全体的に見れば値段含め間違いなく良い製品

TWSとしては音質も水準に達してるから満足してるよ
音への拘りが強くない人ならほぼ文句ない出来だと思う






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
aptX非対応なんかどうでもよくなるほど音は良い、低音好きの人や徹底追及している人以外なら大抵は満足できそうな音、接続の安定性は相当良いと言えるレベル、音の遅延はそれなりにあるし接続環境によって差が出そう、実動の再生時間は公称ほど持たないが8時間以上はいく、外音取り込み機能はノイズがあるけれども実用レベル、装着感を含めて全体的に使いやすさをちゃんと考えられている作り、充電はとにかく速い、部分的な良し悪しは個人差ありそうだが性能・機能・価格を考えると文句なしと評せる出来、といった内容。・・・・この「Sound Air TW-7000」は現在13,000円台の価格で販売中。これより高い最近の製品でも再生時間は4時間に満たないものがある中で、8時間以上を実現しているのは驚異的。それだけではなく音質・接続・機能といった面も高く評価されているようですし、粗探しみたいな事をしなければ本当に文句の付けどころがなさそうな印象。完全ワイヤレスイヤホンとしてワンランク上の進化を感じる一品です。




GLIDiC Sound Air TW-7000
posted on 2019.01.03
GLIDiC
売り上げランキング: 102



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -