2018年に気になったものをブログの中からチェックしてみる

watchmono2018_01.jpg


もう終わりですか、2018年。おかげさまで今年もブログの運営自体にトラブルはなく、無事にやっていくことができました。年内にやらなければいけなかった事はいくつかあるのですが、それらは新たな気持ちになって取りかかるであろう来年の自分に託します。さておき、ここでは例年どおりこの1年でチェックした中から個人的に気になったものを各ジャンル別にピックアップしてみます。

2017年に気になったものをブログの中からチェックしてみる
https://watchmono.com/blog-entry-8194.html





watchmono2018_02.jpg


キーボードその1・・・・Cooler Masterの「SK630」。
年初に発表されたCherryの薄型キースイッチ・Cherry MX Low Profile RGBを採用したメカニカルキーボード、市場に出回っているのはまだ2モデルのみ。そのうちの一つであるこれはキースイッチに合わせてキーキャップやフレームも薄型に仕上げているのが特徴的。Cooler Masterがこの部門で再び軌道に乗ってきたのも今後の注目です。

【キーボード】Cooler Master 『SK630』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-9211.html






watchmono2018_03.jpg


キーボードその2・・・・Corsairの「K63 Wireless」。
ワイヤレスのゲーミングメカニカルキーボードはロジクールが去年にリリースしていますが、本格的なゲーミンググレードになっているのは現状これのみ。ただ、本格的な仕様ゆえにバッテリーの持ちが非常に短く、実用面ではちょっと微妙なところもあった一品。これ以降に競合機がまったく出ていない事も考えると、ワイヤレスは普及しないのかも。

【キーボード】Corsair 『K63 Wireless』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8731.html






watchmono2018_04.jpg


マウスその1・・・・ロジクールの「PRO Wireless」。
今年のマウスオブザイヤーはこれでしょうね。最先端のスペックと技術を備えながら飛び抜けて軽い重量を実現したワイヤレスゲーミングマウス。その軽さを実現するために完全無欠な仕上がりにはなっていないものの、総合的なクオリティでこれを超えるものは存在しませんし、超える存在はしばらく出てこないのではないかと。

【マウス】ロジクール 『PRO Wireless』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9260.html






watchmono2018_05.jpg


マウスその2・・・・ロジクールの「MX518 LEGENDARY」。
レジェンド級の名機として評されていたMX518系の再降臨、しかも最新のゲーミンググレードで登場したのは往年のユーザーからすれば今年一番のトピックだったかもしれません。真IE3.0後継機の「Pro IntelliMouse」もこの後に登場しましたし、進化したMX518とIE3.0が出てくるなんて夢にも思いませんでした。日本で発売されるかはまだわかりませんが。

【マウス】ロジクール 『MX518 LEGENDARY』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-9038.html






watchmono2018_06.jpg


マウスパッド・・・・Razerの「Razer Goliathus Extended Chroma」。
RGB LEDを搭載したゲーミングマウスパッドはハードタイプなら結構前から出ていましたが、今年はソフトタイプも登場。そしてハードタイプでは存在しなかった幅900mm~の超大型サイズも出てきたのはちょっと驚きでした。大手のRazerが率先して出してきた事もあってか、競合他社も後を追う形で手がけている模様。来年は選択肢がさらに増えそうです。

【マウスパッド】Razer 『Razer Goliathus Extended Chroma』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-8733.html







watchmono2018_07.jpg


トラックボール・・・・エレコムのトラックボール「DEFT PRO」。
去年はロジクールがハイエンドモデルを出して賑わっていたトラックボール界隈、今年はエレコムもハイエンドモデルを2機種出して応戦。そのうちの一つであるこれは自分も現在使用中ですが、多分一番いいものではないでしょうか(個人の感想)。ロジクールはまた新製品をしばらく出さないでしょうから、エレコムは引き続き頑張ってほしいところ。

【トラックボール】エレコム 『DEFT PRO』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8653.html






watchmono2018_08.jpg


キーパッド・・・・elgatoの「Stream Deck Mini」。
俗に言う左手用デバイスのキーパッドは数多く出ていましたが、どれもRazerには及ばない中華系の製品だったのでここでは取り上げず。それらとはまったく異なるタイプだけれども液晶キーパッドのStream Deckは今年に入って小型モデルが登場。海外ではユーザーを多数見かけるので、来年以降も色々な面で伸びそうなデバイスです。

elgato、液晶キーパッドの小型モデル『Stream Deck Mini』
https://watchmono.com/blog-entry-8799.html






watchmono2018_09.jpg


液晶モニターその1・・・・DELLの「U4919DW」。
しばらくサムスンしか選択肢がなかったスーパーウルトラワイド液晶モニターですが、今年の終盤にようやく日本でも買えるDELLの49インチモデルがリリース。そのサムスンより解像度が高い5120x1440のDQHDモデルという事もあって結構な高額品。でも何というか道が開けた感がありますね。

楽天でも買えるようになったDELLのスーパーウルトラワイド液晶モニター『U4919DW』
https://watchmono.com/blog-entry-9196.html






watchmono2018_10.jpg


液晶モニターその2・・・・ASUSの「ROG SWIFT PG27UQ」。
4K解像度&量子ドット技術のIPSパネル、リフレッシュレート144Hz駆動、G-SYNC HDR対応、DisplayHDR 1000認証、というモンスター級のゲーミングモニターが今年半ばに発売。日本では確実に300,000円超になるだろうと思っていましたが、いざ発売されると280,000円を切っていたので意外と割安。・・・・いや安くはないです、高嶺の花です。

【モニター】ASUS 『ROG SWIFT PG27UQ』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-8726.html






watchmono2018_11.jpg


USBモニター・・・・ASUSの「MB16AP」。
10年くらい前に登場した時でもニッチな扱いだったUSBモニター。そのニッチさは年を追うごとによって深まり、今年は(同じようなものを出し続けている某社を除けば)ASUSしか新製品を出しておらず。でもそのASUSが出したこのモデルは新たな要素を取り入れていて、進化を感じる出来にはなっている。ただ、これが打ち止めになる可能性もありそうです。

【モニター】ASUS 『MB16AP』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-9141.html






watchmono2018_12.jpg


スピーカー・・・・ロジクールの「G560」。
数多くのPCスピーカーを手がけてきたロジクールが、何気に初となるゲーミングPCスピーカーを今年に入ってリリース。近年のゲーミングデバイスらしくRGB LEDを搭載したモデルで、LEDの機能性やインパクトは同類の中で一番いいと個人的に思う。それとロジクールらしく時間が経てばそれなりに値下がるところもいいですね。

【スピーカー】ロジクール 『G560』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9043.html






watchmono2018_13.jpg


Bluetoothスピーカー・・・・ソニーの「SRS-HG10」。
Bluetoothイヤホンは飛躍的とも言える1年でしたが、逆にBluetoothスピーカーの方は進化も勢いもあまり感じられずの1年だったでしょうか。そんな中で継続的に新製品を出していたのはソニー。着実に強化したものを出し続けてくる製品展開は好感が持てます。

【スピーカー】ソニー 『SRS-HG10』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8644.html






watchmono2018_14.jpg


イヤホン・・・・FiiOの「FA7」。
もっとすごいイヤホンはここ1年でたくさん出ていたと思いますが、このブログ内でピックアップするのはこれ。これまでDAPやポタアンが主力だったFiiOが本格的なイヤホンにも参戦してきた事は驚きでしたし、このレベルのモデルを出してきたという事は今後も注力していきそうですから、来年以降はさらに飛躍しそうな予感です。

FiiO、最上位モデルのクアッドBAイヤホン『FA7』
https://watchmono.com/blog-entry-9178.html






watchmono2018_15.jpg


ヘッドホン・・・・SENNHEISERの「HD 820」。
最高峰の評価を受けていたHD 800系の密閉型版と言えるモデルが今年に入って発売。絶大な支持を不動のものにしていた同シリーズの後継機でも進化版でもなく密閉型版なので好意的ではない意見も見られましたが、真っ当な評価を得られるのはしばらく時間が経ってからではないかと思うものです。

【ヘッドホン】SENNHEISER 『HD 820』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9004.html






watchmono2018_16.jpg


Bluetoothイヤホン・・・・Jabraの「Jabra Elite 65t」。
今年は完全ワイヤレスイヤホンの勢いが増すばかりで製品数も相当なものになっていそうですが、進化の面で段階が上がったのはこのモデルが登場してからではないかと。どの部分も基準を満たしていて完成度は本当に高かった印象。でも次から次に新製品が出てきているので、トップクラスの座も入れ替わりが激しいですね。

【イヤホン】Jabra 『Jabra Elite 65t』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8611.html






watchmono2018_17.jpg


Bluetoothケーブル・・・・SHUREの「RMCE-BT2」。
普通のBluetoothイヤホンよりBluetoothケーブルの方が進化が見られた1年でしたが、その中でもようやく本命視できそうなものがSHUREから登場。前作から色々な部分が進化・強化されていて、音質最優先ならこれが現状の最有力でしょう。価格最優先なら中華系の製品がたくさん出ていますし、選択肢も本当に広がりました。

【ケーブル】SHURE 『RMCE-BT2』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9136.html






watchmono2018_18.jpg


DAP・・・・HiBy Musicの「HiBy R3」。
このブログ内で取り上げていたのは比較的小型サイズで比較的多機能なものばかりでしたが、このモデルも含めて最近の製品は小さくてもワイヤレス機能が本当に充実してきている印象。Bluetoothのコーデックをすべて網羅しているようなモデルもありますし、ファームウェア更新で色々と強化されるモデルもありますし、進化が目まぐるしいです。

【DAP】HiBy Music 『HiBy R3』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8932.html






watchmono2018_19.jpg


スマートフォン・・・・vivoの「NEX双屏版」。
今年はなんといっても海外メーカーの製品でほぼ全面フレームレスデザインのモデルが登場した事に驚きでしたが、それに加えて裏面もデイスプレイになっている両面ディスプレイのモデルが登場してさらに驚き。これ以上はどこが変わっていくのか検討もつきません。

vivo、両面ディスプレイのスマートフォン『NEX双屏版』
https://watchmono.com/blog-entry-9220.html






watchmono2018_20.jpg


タブレット・・・・Huaweiの「MediaPad M5」。
スマートフォンとは逆に特定のメーカーしか新製品を出さなくなったタブレット。日本でAndroidを選択するとなればもうHuaweiの一択でしょうかね。そのHuaweiも例の騒ぎがあって今後どうなるのか心配。海外に目を向けても新製品(安物中華を除く)を出しそうなところはXiaomiしか思い浮かばないよなぁ・・・・。

【タブレット】Huawei 『MediaPad M5』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9058.html






watchmono2018_21.jpg


ウェアラブル・・・・Xiaomiの「Mi Band3」。
シリーズ化しているリストバンド型ウェアラブルの第三世代モデルが今年半ばに登場。前作に比べれば進化が見られて、それでいて割安感も健在。ちなみに日本正規品も技適をクリアして最近発売されましたが、どうしても価格の上乗せがされるので割安感はないですかね。

【ウェアラブル】Xiaomi 『Mi Band3』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-8962.html






watchmono2018_22.jpg


PCケース・・・・Antecの「P5」。
近年は他社の後追いみたいなものばかり出していて、かつての栄光が本当に過去になりつつあったAntec。その微妙な流れを断ち切るかのごとく原点回帰とも言えるこのモデルを出してきたのは、正直嬉しかったです。この後に出してきたミドルタワーの新モデルは今後の注目機となりそうですし、あのころのAntecがようやく戻ってきたという感じです。

【PCケース】Antec 『P5』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-9163.html






watchmono2018_23.jpg


チェア・・・・Aerocoolの「AC120 AIR RGB」。
ここ数年で市場規模も一気に拡大したゲーミングチェア。ただし基本部分は手を加えても大して変わらないせいか、どれも似たりよったりになってしまっている状況。で、他の部分で差をつけなければという感じで登場しつつあるのがRGB LED搭載のタイプ。今後は付加機能で差別化を図るしかないかもしれません。

Aerocool、RGB LED搭載のゲーミングチェア『AC120 AIR RGB』
https://watchmono.com/blog-entry-8993.html






watchmono2018_24.jpg


自転車・・・・METの「Strale」。
先に言っておくとこのヘルメット自体は別に大したものではないです。むしろこのモデルを買うくらいなら上位の方を選んだ方が絶対いいです。ここでピックアップしたいのは”物”ではなく”色”。蛍光イエローは安全の面でも重要だなと使っていて本当に感じました。自転車や陸上ではもっと普及させるべきでしょう。

METの自転車ヘルメット『Strale (2018)』を買ってみた
https://watchmono.com/blog-entry-9014.html






watchmono2018_25.jpg


買ってよかった製品・・・・JBLの「JBL LINK 10」。
11月末から投売り状態になっていたこのスマートスピーカー、お風呂用にと買ってみましたが想像以上に良かったです。Wi-Fi範囲内で使うのが前提だけれども、サイズとIPX7防水を考慮すれば音は良いしGoogleアシスタントもちゃんと機能する。これで6,000円弱なら大いに推奨できますね。楽天あたり探せば在庫はまだ残っています。

JBLのスマートスピーカー『JBL LINK 10』が6,000円を切る
https://watchmono.com/blog-entry-9161.html






watchmono2018_26.jpg


・・・・今年も「ヲチモノ」をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。このブログは多くの人の情報を参考にして成り立っています、この場を借りてお礼申し上げます。気づけば開設してから来年でもう10年経過、もうそんなに経つのかと当人が一番驚いています。最初のころに比べて記事の内容は安定かつ充実していると思いますが、1~2年目の時みたいな新鮮味を感じる機会は本当に少なくなった気がする。知識が当時とは比べものにならないほど身についたので当然といえば当然、でも悪い意味で落ち着いてしまった感も否めないところ。来年は初心に帰るというか新しい要素をもっと取り入れていきたいなと。

・・・・新しい要素といえば11月末に行ったSSL化の報告時にブログのテンプレートも刷新しようかなと述べていましたが、結局それをやらず今に至る。開設時から基本部分はほとんど手を加えてないのでそろそろ新しくした方がいいと思う反面、この古臭いデザインが肌に合っているのでできれば変えたくないとも思ったり。主流のタイプは確かに洗練されているけれども皆がそれにしているので同じように見えてしまう、それなら今のままの方が逆に個性あるのでは?よく巡回しているフォーラムサイトも古臭いよ?と自問自答もしたりして躊躇の日々です。その気になったらすぐ変えるだろうと事前に言っておきます。それでは良いお年を。




Amanita Design s.r.o.
売り上げランキング: 45