Philips、ようやく製品化されたスーパーウルトラワイド液晶モニター『499P9H1』

499P9H1_01.jpg


海外で見かけたPhilipsの49インチ液晶モニター「499P9H1」。
スーパーウルトラワイド液晶モニターは2017年にイベントで出展していながら、製品化に関しては動きが全然見られなかったPhilips。一部の地域でこの49インチモデルがようやくリリースされるようです。

モニター。全ラインアップを見る | Philips
https://www.philips.co.jp/c-m-so/monitors





499P9H1_02.jpg



499P9H1_03.jpg



499P9H1_04.jpg



499P9H1_05.jpg



499P9H1_06.jpg



499P9H1_07.jpg



499P9H1_08.jpg



499P9H1_09.jpg
(via zol.com)

画面サイズ:49インチ、パネル:VA、解像度:5120x1440、輝度:450 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:5ms(GTG)、視野角178/178、入力端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。アスペクト比32:9&曲率1800Rのスーパーウルトラワイドスクリーン、Display HDR 400認証、PBP機能、Windows Hello対応のウェブカメラ搭載、KVMスイッチ内蔵、チルト/スイーベル/昇降の調整がきでるSmart ErgoBaseスタンド、専用リモコン付属、などが特徴。製品情報が公開されている中国での価格は12,899人民元(約207,000円)。・・・・DELLの「U4919DW」(RA)に匹敵するスペックのハイエンドモデルで付加機能も色々備わっているせいか、比較的割安に設定される中国でも結構な高額品となっている模様。ここまで高いと日本でも発売されるかは何とも言えませんね。

<関連記事>
【モニター】Philips 『499P9H1/11』 画像など

https://watchmono.com/blog-entry-9402.html




PHILIPS 436M6VBPAB/11
posted on 2018.12.28
Philips(フィリップス)
売り上げランキング: 437