【イヤホン】JBL 『ENDURANCE PEAK』 レビューチェック

JBL_ENDURANCE_PEAK_01.jpg


2018年11月に発売されたJBLのイヤホン「ENDURANCE PEAK」。
FREE X」に続くJBL三作目の完全ワイヤレスイヤホンで、こちらはスポーツに特化したENDURANCEシリーズのモデル。機能的なイヤーフックデザインやIPX7防水性能などを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

ENDURANCE PEAK | Bluetoothイヤホン | JBL by HARMAN
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=endurance_peak





Banner_01.png



JBL_ENDURANCE_PEAK_02.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_03.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_04.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_05.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_06.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_07.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_08.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_09.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_10.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_11.jpg



JBL_ENDURANCE_PEAK_12.jpg






Banner_06.png


[#1]
JBL、左右分離でIPX7防水の耳掛けイヤフォン「ENDURANCE PEAK」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1154728.html

JBL、雨天でも使える完全ワイヤレスイヤホン「ENDURANCE PEAK」
https://www.phileweb.com/news/d-av/201811/22/45750.html



[#2]
イヤーフックが目立つ
いかにもスポーツモデルって感じのデザインだな



[#3]
Endurance PEAKは、あのオモチャみたいな見た目で敬遠されてそう
只でさえ安っぽいのに何故ツートンにしたんだ



[#4]
ブルーとレッド見ると何か連想されると思ったら
トランスフォーマーだ



[#5]
MUSE5、liberty +、JVCのXXの完全ワイヤレスと比べたが
一番良かったよ、音質も密閉感も



[#6]
JBL Endurance PEAK
風呂でも使えて音質もいいよ
そして途切れない
淀秋葉で試聴の時点で左が聞こえないのはいくつかあったけど
少なくともPEAKはなかった
日常でも2分に1本電車来る駅で使ってたが途切れることはなかった
両手でイヤホン塞いでも途切れるそぶりすらない

操作性は音量調整、次曲前曲、ハンズフリー通話、再生停止ができるから
free Xよりは便利だね
タッチ操作は好みによるけど



[#7]
endurancepeakってバッテリー残量スマートフォンで確認できます?



[#8]
>>#7
iPhone7で10%ずつ確認できますよ。
たまに100%から急に50%になる製品あるけど
これは10%ずつ一定の速度で減っていきます。



[#9]
JBL ENDURANCE PEAKが気になってるんだけど
誰かジョギングで使ってる人いない?



[#10]
>>#9
先週それでハーフ走ってきたよ。
電池持ちはupから帰りの駐車場まで3時間半は大丈夫だった。
フィッティングは耳掛けなので良好、音質は値段なり。
途切れは何度かあったが周りに無線イヤホン使いが多かったからかも。



[#11]
>>#10
おー、レポありがとう。
遮音性とか足音の響き具合とかはどうなのかな?
周りの音聞きたいからあんまり密閉しないほうがいいんだよね。
ぱっと見カナル型っぽいからその辺が気になってる。



[#12]
>>#11
密閉型で足音の脳内響きはあります。
遮音性は高く外音は聴こえにくい部類。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bleutooth 4.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約4時間、充電時間:約2時間、ドライバー:10mm径ダイナミック型、周波数特性:16Hz - 22kHz、音圧レベル:102dB/mW、重量:約12g(片方)、という仕様。耳にしっかりフィットするイヤーフックデザイン、耳から抜け落ちにくい独自構造・ツイストロックテクノロジー、人間工学に基づいて開発したフレックスソフトイヤチップ、水に落としても大丈夫なIPX7防水性能、タッチコントロールのマルチファンクションボタン、内蔵マグネットの引き合いによって電源オン/オフができるパワーフック機能、24時間分の充電が可能&急速充電対応のバッテリーケース、ブラック・ブルー・レッドのカラーラインナップ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は価格なりだがIPX7のスポーツ用として考えれば良い方、接続の安定性は使用場所にもよるが途切れにくい方、実動の再生時間は3時間半~、装着時のフィット感・ホールド感は良好、スポーツ用の割に遮音性は高い、操作は一通りできる、タッチコントロールの操作感は好みが分かれそう、といった内容。同類の完全ワイヤレスイヤホンはPlantronicsの「BackBeat FIT 3100」(AA)も出ていますが、同じタイプの割に仕様・特徴の違いが多くて甲乙つけがたい印象。スポーツ特化型なので割り切った使い方にもなるでしょうから、ひと回り安いこちらの方がいいかもしれませんね。「ENDURANCE PEAK」は現在12,000円前後の価格で販売されています。




JBL ENDURANCE PEAK
posted on 2018.12.26
JBL
売り上げランキング: 835



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -