FiiO、ワイヤレス機能が充実した新型DAP『M6』

FiiO_M6_01.jpg


海外で見かけたFiiOのDAP「M6」。
エントリークラスの位置付けとなっているMシリーズから登場した新型デジタルオーディオプレイヤー。高音質コーデック対応&送受信対応のBluetoothやDLNA/AirPlayサポートのWi-Fiなどワイヤレス機能が充実しているモデルです。

FiiO M6
https://fiio.com/m6





FiiO_M6_02.jpg



FiiO_M6_03.jpg



FiiO_M6_04.jpg



FiiO_M6_05.jpg



FiiO_M6_06.jpg



FiiO_M6_07.jpg



FiiO_M6_08.jpg
(via dgtle/zaeke)

サムスンのCPU・Exynos 7270採用、ESS TechnologyのDAC・ES9018Q2C採用、3.2インチ/480x800のタッチスクリーン搭載、2.5Dガラス&CNCアルミニウム合金のボディ、LDAC/aptx HD/HWAの高音質コーデック対応&レシーバーとしても使えるBluetooth接続機能、DLNA/AirPlayサポートのWi-Fi接続機能、USB DAC機能、USBオーディオ出力対応、USB Type-C採用、最大2TB対応のマイクロSDカードスロット搭載、スマートフォンとBluetooth接続時に操作や画面表示が可能なFiio Link機能、ファームウェア更新対応、ストレージ:2GB、連続再生時間:13~15時間、サイズ:幅53.3x奥行き92.5x厚さ11.5mm、重量:83g、主な仕様・特徴は以上。・・・・同シリーズで型番的に一つ上のM7と比べて、CPU・DACは同じものを採用、機能性は色々違うけれどもワイヤレスの機能はこちらの方が充実、筐体は少し小さいがタッチスクリーンのサイズは同じ、価格はこちらの方が若干安い、といった内容。これから新調するなら用途次第ではこちらの方がいいかもしれませんし、このクラスのDAPでは魅力的な候補になるかもしれませんね。

<関連記事>
【DAP】FiiO 『M6』 レビューチェック

https://watchmono.com/blog-entry-9658.html