【PCケース】NZXT 『H500』 レビューチェック

NZXT_H500_00.jpg


2018年7月に発売されたNZXTのPCケース「H500」。
SFチックとも言えるシンプルかつスタイリッシュなデザイン&強化ガラスサイドパネル採用のミドルタワーPCケース。機能がいくつか追加されている上位モデル(H500i)も存在しますが、ちょっとチェックしてみます。

H500
http://nzxt.jp/products/detail/h500.html




Banner_01.png



NZXT_H500_02.jpg



NZXT_H500_03.jpg



NZXT_H500_04.jpg



NZXT_H500_05.jpg



NZXT_H500_06.jpg



NZXT_H500_07.jpg



NZXT_H500_08.jpg



NZXT_H500_09.jpg



NZXT_H500_10.jpg



NZXT_H500_11.jpg



NZXT_H500_12.jpg
(via quasarzone)





Banner_06.png


[#1]
“ビデオカードを魅せる”ためのPCケース「H500i」がNZXTから
9,980円の下位モデル「H500」も発売
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1133849.html



[#2]
H500いいやん
NZXTは日本人の感性に合う製品作るな



[#3]
S340 elite買ったけど色々改善してそうでこれも欲しくなるわ
満足してるんだけど電源付近で少し組み立てにくいんだよなS340 elite



[#4]
H500シリーズ冷やす気なさすぎ



[#5]
H500は吸気スリットにくっつくように隙間テープでスリット作って
ストレージケージ前に板入れて壁作って他所から吸気しないようにして
底面に最近のケースの天板についてるようなマグネットメッシュフィルターで覆って
横置きケース化して満足した



[#6]
H500は呼気はむしろ良い方と思った
SOLOの方が明らかに窒息と思うがね・・・



[#7]
H500気になってるけどHDDにファン当てられないのが気がかり
買った人はなにか工夫とかしてる?気にしないようにしてるのかな



[#8]
>>#7
H500ではないが検証記事では、
今の低回転低発熱のHDDで
一台だけならファン無しで温度の変化は無かった
今どきシステムHDDで運用する人はおらんやろし
5400rpmのHDDでいいんじゃないの
それで気にしなければOK
あるいはHDDと決別してオールSSDでいいよ



[#9]
H500がhdd3台積めてそこそこコンパクトなので筆頭候補なのだが
サイド透明なので静粛性がdefine Cと比べると下がるのがネック



[#10]
>>#9
H500使ってるけど静音性ははっきり言って皆無と言っていいと思う
ガラス面よりも他の面がペラくて吸音材とかも貼ってないから
むしろ厚さ的にガラス面が一番防音性高いよ



[#11]
コンパクトなミドルタワーでこれは鉄板!ってやつある?



[#12]
>>#11
今だとコンパクトで人気なのはNZXTのH500とかじゃね?



[#13]
かれこれ10年以上solo使ってるけど
流石にメンテナンス性能的に限界を感じ買い換えようと思うけど
最近のケースはどれもATXだと大きいのばかり



[#14]
>>#13
H500がいいよ。SOLOとサイズがほぼ一緒

solo 205x430x468
H500 210x428x460



[#15]
H500は奥行き短くすっきりしてるので
HDD少なめでいいなら最適かと



[#16]
i5 8400 GTX1070でそれなりの高画質でゲームがしたいんですが
NZXT H500のエアフローで十分いけそうでしょうか?



[#17]
>>#16
まあ はい
気になるならケースファン増やしてね
初期だと2個しかついてないから



[#18]
1万までの強化ガラスのおすすめって何かない?



[#19]
>>#18
H500(NZXT)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:7、ドライブベイ:3.5インチx2+1・2.5インチx2+1、I/O:USB 3.1 Gen1x2・Audio in/out、標準搭載ファン:120mm x2、サイズ:幅210x奥行き428x高さ460mm、重量:7kg、水冷ラジエータ最大280mm対応、ビデオカード最大381mm対応、CPUクーラー全高165mm対応、ファン最大4基搭載可能、という仕様。オールスチール製の筐体、強化ガラス製のサイドパネル、キレイな裏配線を実現できる便利な配線ガイド、簡易水冷も本格水冷も対応する内部レイアウト、ホワイト・ブラック・ブラック/ブルー・ブラック/レッドのカラーラインナップ、などが特徴。また、上位モデルのH500iはこれにビデオカード垂直配置機能やLED/ファンコントローラーを追加した形のもので、ケースの基本部分は変わらない模様。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。サイズはミドルタワーの中でもコンパクトな部類に入る、構造・材質的に静音性や冷却性は期待しない方がいい、HDD搭載は最低限でファンを追加する前提なら悪くない、デザイン重視&ディスプレイ重視なら同価格帯の中でもオススメ、といった内容。・・・・この「H500」は現在8,000円台の価格で販売中。上位モデルの方は現在12,000円台で上記の付加機能が不要なら、こちらの方が安く済むのは言うまでもなし。ちなみにNZXTの現ラインナップでこれが一番安い存在でもあり。静音性や冷却性をそこまで気にしなくてもいいPC構成で組むのであれば、デザインが洗練されている割に価格は抑えられていて割安感がありますし、条件次第ではかなり良い選択肢になると思います。





NZXT H500
posted on 2018.12.10
NZXT
売り上げランキング: 417