【キーボード】ROCCAT 『VULCAN 120 AIMO』 画像など

VULCAN_120_AIMO_01.jpg


2018年12月に発売されるROCCATのキーボード「VULCAN 120 AIMO」。
洗練されたスリムデザインや独自のキースイッチ・Titan Switch採用などを特徴としたゲーミングメカニカルキーボード。このVULCANシリーズはラインナップ化されており、これは最上位となるモデルのようですが、ちょっと見てみます。

ROCCAT Vulcan
https://ja.roccat.org/Keyboards/Vulcan






VULCAN_120_AIMO_02.jpg



VULCAN_120_AIMO_03.jpg



VULCAN_120_AIMO_04.jpg



VULCAN_120_AIMO_05.jpg



VULCAN_120_AIMO_06.jpg



VULCAN_120_AIMO_07.jpg



VULCAN_120_AIMO_08.jpg



VULCAN_120_AIMO_09.jpg



VULCAN_120_AIMO_10.jpg



VULCAN_120_AIMO_11.jpg



VULCAN_120_AIMO_12.jpg
(via PCPOP)

キースイッチ:Titan Switch(タクタイル/サイレント)、キーストローク:3.6mm、アクチュエーションポイント:1.8mm、キーレイアウト:104キー英語配列、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅462x奥行き235x高さ32mm、重量:1150g、という仕様。従来より入力速度の向上を実現したキースイッチ・Titan Switch、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、対応機とLEDの連携が可能なAIMOライティングエンジン、32bit ARM Cortex-M0プロセッサ&512KBオンボードメモリ内蔵、フルキープログラム機能、アルミニウム製トップカバー&フローティングデザインのフレーム、エルゴノミクスパームレスト付属、統合ソフトウェア・ROCCAT Swarm、などが特徴。・・・・キースイッチのTitan Switchはどこかで見た事あるようなタイプで、ROCCAT自身も以前採用していたCherry MXより優れているかは文面だけだと何とも言えず。また、キーキャップもフレームも非常に薄く見えますが、キーボード自体が薄型というわけではないので使用感の想像も難しいところ。どういうものか判断するには実際に触れてみるしかないでしょうね。「VULCAN 120 AIMO」は現在21,000円台の価格で予約受付中です。




ROCCAT VULCAN 120
posted on 2018.12.10
ROCCAT
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09