SteelSeriesのゲーミングマウス『Rival 650』の分解画像・実重量

Rival650_Demolition_01.jpg


海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Rival 650」。
Rival 600」をベースに最先端の無線技術を採用したワイヤレスゲーミングマウス。内容的にRival 600をそっくりそのままワイヤレスにしたようなモデルですが、内部や実重量の詳細が公開されていたのでちょっと見てみます。

【マウス】SteelSeries 『Rival 650』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-9181.html






Rival650_Demolition_02.jpg



Rival650_Demolition_03.jpg



Rival650_Demolition_04.jpg



Rival650_Demolition_05.jpg



Rival650_Demolition_06.jpg



Rival650_Demolition_07.jpg



Rival650_Demolition_08.jpg



Rival650_Demolition_09.jpg



Rival650_Demolition_10.jpg
(via inwaishe)

デュアルセンサーシステム・TrueMove3+、耐久性6000万回のオリジナルマイクロスイッチ(サイドボタンはTTC製)、32-bit ARMプロセッサー、といったパーツは公称どおりのものが使われており、ベースのRival 600とまったく同じパーツでもあり。ワイヤレスが関わる部分で特に目立つのはカバーに覆われたバッテリー、その容量は1000mAhある模様。実重量はほぼ公称どおりの約120gという結果。・・・・これらの詳細を見て思った事はバッテリーの容量が思っていた以上に多い。LEDで光る部分が4ヶ所もあるので多めに積まないといけなかったのかもしれませんが、重量級のワイヤレスゲーミングマウスになってしまっているのはそこが大きく影響していそう。違った見方をすれば軽量化できる可能性があるのはバッテリーのみ。問題なく使えそうな容量半分くらいのバッテリーをうまく積めば、10g前後は軽くなるかもしれませんね。




SteelSeries Rival 650 Wireless
posted on 2019.01.16
SteelSeries
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09